アンバー・ハード、元夫ジョニデからの慰謝料1億円以上を寄付

クランクイン!

2018/4/12 14:45

 人気俳優ジョニー・デップと泥沼離婚劇を繰り広げた女優のアンバー・ハードが、公言していた通りジョニーから受け取った慰謝料をChildren's Hospital Los Angeles (CHLA:ロサンゼルス小児病院)に寄付していたことが明らかになったという。

【写真】美しい背中を披露するアンバー・ハード

2017年にジョニーと正式離婚に至ったアンバー。ジョニーからアンバーに対し、慰謝料として700万ドル(約7億4200万円)が支払われることになり、アンバーが人権擁護団体の米国自由人協会(ACLU)とCHLAに全額寄付すると声明を通じて公言していた。

E!Newsによると、アンバーはCHLAの発表した年次報告書の寄付者リフトに名前が挙がっていたという。正確な金額は不明だが、アンバーの名前は2016年7月から2017年7月までに100万ドル~500万ドル(約1億600万円~5億3000万円)の寄付をした人物の1人として挙がっていたとのことだ。

アンバーはジョニーからの慰謝料の全額を1回で受け取っておらず、先に受け取っていた35万ドル(約3710万円)をACLUに寄付したと伝えられていた。実際にACLUに幾らの寄付がされているかは不明だが、アンバーは立派に有言実行を果たしたと言えるだろう。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス