【TDL】まさに “夢のようなパレード” 35周年「ドリーミング・アップ!」をキャラオタが語る

ウレぴあ総研

2018/4/12 15:00

東京ディズニーリゾートの35周年を祝うスペシャルイベント、 “Happiest Celebration! ”が2018年4月15日からはじまります!

東京ディズニーランドの新しいお昼のパレード「ドリーミング・アップ!」が、プレス向けに一足先にお披露目されました。

早速キャラオタ視点で新パレードをご紹介したいと思います!

■夢のようなパレードの先頭で舵を切るミッキーとプルート!

想像してみてください。

「夢のような」という言葉から、どんなことが思い浮びますか?

キラキラ輝く、現実味のない、ワクワクして、誰もが望むもの。

私にとっては、こんなイメージです。

そして、新パレード「ドリーミング・アップ!」は、 まさにそんなパレードだと感じました。

このパレードは、ミッキーたちと一緒に、 様々な夢を描くことがテーマになっています。

虹色に揺らめくフラッグのあと、パレードを先導するのは、 今にも雲の上へ飛び立とうとしている船に乗るミッキーとプルートです。

黄金のペガサスに見守られながら、ミッキーは相棒のプルートと一緒に舵を切り、 船は前へ前へと進みます。

ふたりが乗る船は、大きな波を乗り越えるように揺れています。

「夢を見ること」とは、先述のようなイメージや、 眠っている時に見るもの。

あるいは、「どうしても叶えたい願望」 という意味もありますよね。

叶えたいと、夢を見ることはとても尊いことですが、 同時にそれは多かれ少なかれ苦難や、 時には挫折を共にするものでもあります。

でもこの、ミッキーが乗る、波を大きく乗り越えていく船を見ていると、 不思議とどこまでも行けそうな気分になってきます。

ミッキーとなら、どこまででも素敵な夢を見続けることができる、 どんな夢でも追いかけることができる。

心から、そう思わずにいられないフロートです。

フロートの後方部には映画「ファンタジア」 に登場したキャラクターたちが、 映画そのままに各々個性的なポーズをしています。

また、フロートの中央部には大きなソーサラーハットがあり、 ここからたくさんの夢と魔法が溢れ出し、 このパレードを形作っているように見えます。

後に続くフロートへのワクワクが止まりませんね!

■グーフィーが案内する「笑顔があふれる 楽しい夢の世界」

「ドリーミング・アップ!」は、いろいろな夢の世界をテーマに、5つのユニットに分かれています。

グーフィーが案内するのは「笑顔があふれる 楽しい夢の世界 」。

小瓶に入って涙の海に浮かぶアリスや、 お茶会を開くマッドハッターと三月ウサギが、映画「ふしぎの国の アリス」をモチーフにしたフロートに乗っています。

パレードルートには、日本初登場のチェシャ猫が! 徒歩でやってくるので、運が良ければ目の前まで来てくれます。

他にも、モメラスという超レアキャラも登場します。

画像検索しても「こんなキャラいたな…? 」と首をかしげるのは私だけではないはずです。

モメラスの登場を喜べる、映画『ふしぎの国のアリス』が好きな方には、 是非とも見ていただきたいパレードです。

アリスのフロートに続いて、ジミニーを先頭に、 ゼペットさんのお店をモチーフにした、操り人形やおもちゃ、 そしてピノキオが楽しく踊るフロートがやってきます。

ピノキオが乗るフロートには、木で出来たからくり人形や、ストロンボリの巨大な手に操られるダンサーなど、とっても賑やかで、 見ていて楽しいフロートになっています。

その後ろには象のおもちゃのようなフロートに乗るゼペットさん、 さらに後ろにはそんなピノキオとゼペットさんを追いかけるギデオン、ファウルフェローがやってきます。

こちらも映画のファンが見ていて楽しめるフロートになっていますよ!

■ミニーが案内する「ロマンティックな 夢の世界」

続いては、ミニーが案内する、「ロマンティックな 夢の世界」です。

こちらでは、 登場するプリンセスたちはなんと新しいデザインのドレスに身を包んでいます。

東京ディズニーリゾートでラプンツェルの新衣装はこれがはじめてです! やったー!

今までにない、濃いピンクのリボンが胸元にあしらわれていて、 最高にかわいいですね。

このパレードのためだけにアレンジされた、映画『塔の上のラプンツェル』の名曲「輝く未来」がまさにブラボー。

さらに、雨の日限定のミニパレード「ナイトフォール・グロウ」 でしか見ることが出来なかった、映画『眠れる森の美女』に登場する妖精、フローラ、 フォーナ、メリーウェザーが登場します。

私はこの三人のやかましいおばちゃ… 妖精たちがとても好きなので、 お昼のパレードで見れて嬉しいです!

■チップとデールが案内する「不思議な夢の世界」

チップとデールが案内するのは「不思議な夢の世界」。

お菓子に囲まれたフロートに乗ったチップとデールは、時折つまみ食いをしているようなので要チェックです。

聞き馴染みのある音楽が聞こえてくると、映画『美女と野獣』の名曲「ひとりぼっちの晩餐会」をテーマにしたフロートがやってきます。

ごちそうがたくさん乗ったフロートでは、ルミエールやコグスワースがベルをおもてなししています。

パレードルートを歩く野獣の召使いたちは、まるでミュージカルがはじまったかのように華やかに踊ります。

『美女と野獣』のフロートの後ろには、プーさんの夢がまさにそのまま形作られたような、思わずハチミツの甘い匂いがしてきそうな、かわいらしいフロートがやってきます。

プーさんとピグレットはハチミツ壺の中に入り、プーさんはもうハチミツ食べ放題。

これは彼にとってもまさに夢のような出来事でしょう。

フロートの前を行くダンサーたちは、不思議な乗り物に乗ってバレードルートを縦横無尽に動き回ります。

こんな賑やかで不思議な夢が見れたら、目が覚めるのがもったいなくなりそうですね!

■ドナルドとデイジーが案内する「永遠に続く夢の世界」

最後は、ドナルドとデイジーが案内する「永遠に続く夢の世界」です。

ここでは、なんと東京ディズニーリゾート初登場のヒロとベイマックスのフロートがあります!

映画『ベイマックス』の舞台である、架空の都市「サンフランソーキョー」の象徴で作られたフロートには、武装したベイマックス2.0に、ヒーローコスチュームのヒロが載っていて、まさに映画のワンシーンそのままです!

日本をイメージした作品である映画『ベイマックス』のヒロとベイマックスが、ついに東京ディズニーランドのパレードに来てくれたのは感慨深いものがありますね。

もう本当にかっこいいです、パンチだベイマックス!

そしてこのパレード最後のフロートは、メリー・ポピンズがロンドン上空を飛び、ピーター・パンとウェンディがネバーランドの空を駆け巡るフロートです。

「ドリーミング・アップ!」イチの見所だと思います!

メリー・ポピンズが、ビッグベンを背景に空を飛んでいます! フロートの下部には、ロンドンの街並みがかわいらしく再現されています。

ビッグベンの周りを、凧に乗ってくるくる舞い飛ぶペンギンたちがとってもキュートです。

フロートの後方部は、ネバーランドの上空にある大きな月のそばで、ピーター・パンとウェンディが空中でダンスをしています。

手を繋ぎ、見つめ合いながら空を飛ぶ二人の姿は、本当に夢のようです。

フロートの後ろには、なんと13人ものキャラクターが、虹色のリボンを持ってパレードルートを歩いて来てくれます。

ミッキーとミニーの古くからの友人である、ホーレス・ホースカラーやクララベル・カウ、大金持ちのスクルージ・マクダックなど、色々な作品からさまざまなキャラクターがやってきます。

そして、アラジンとジャスミンがパレードを締めくくります。

■歴史あるTDLの「夢」そのもののようなパレード!

ここまで紹介して来ましたが、新パレード「ドリーミング・アップ!」は、新旧問わずディズニーキャラクターがたくさん出て来ているな、ととても思いました。

大人から子どもまで、夢を見ているかのように楽しめる。

まさに、「東京ディズニーランド」という歴史ある世界が見た「夢」そのもののようなパレードです。

これまでも、これからも。

東京ディズニーランドは、古きを尊び、新しきを受け入れる、私の大好きな場所であるのだと確信しました。

昔見た夢も、明日見る夢も、どうか幸せなものでありますように。

そんな風に思える、素晴らしいパレードです。

たくさんの人の笑顔が、このパレードから生まれるのでしょうね。

35周年を記念する新パレード「ドリーミング・アップ!」、是非見に来てくださいね!

公演場所:パレードルート

公演時間:約45分(1日1回~2回/日中)

出演者数:約140人(うち出演キャラクター:約55人)

フロート台数:13台

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ