「はじめてのたけし」収録潜入!寿司職人・たけしの寿司ネタはまるで軍団の芸名!?

ザテレビジョン

2018/4/12 14:00

ビートたけしが、人生で経験したことのない“はじめて”を体験するBSスカパー!の冠番組「はじめてのたけし」。過去の放送では、洋食屋のオヤジや、ゴルフのエイジシュート、人生相談、盗聴バスターと、異なる分野でさまざまな“初体験”を果たしてきた。

そんなたけしが、4月19日(木)放送回で挑むのは、回転寿司の職人。「全国を渡り歩いている流しの寿司職人」にふんし、業界ナンバーワンのチェーン店「スシロー」の営業中に道場破りをかける、という企画なのだ。もちろん、お客さんには、たけしが厨房にいることはヒミツ。今回、そんな緊張の走る!?収録現場への潜入を敢行した!

■ 業界最大手の裏側にたけしも興味津々!

つまみ枝豆、浅草キッドの2人(水道橋博士、玉袋筋太郎)と店に到着し、まずは寿司職人の仕事着に身を包んだたけし。さすがに何でも似合う!と弟子たちも感心。スシロー勤続12年、職人教育のスペシャリストに、スシローが7年連続売上げナンバーワンを果たした秘密を明かしてもらう。1皿2貫で100円のハマチを試食したたけしは、「200円でも買えるな」とその味に太鼓判。念入りに手を洗い厨房に入ると、そこには寿司作りの現場を支える、何体ものロボットが…! さらに売上状況をコンピューターで把握し瞬時にそれに対応していくというハイテクぶりに、たけし、枝豆、キッドの2人も目を丸くするばかり!

■ 発想はまるで軍団の芸名!?たけしがオリジナル寿司を考案!

そして、たけしオリジナルの寿司ネタを考案する段になると、「カルーセル巻き」など、たけし軍団の芸名かと疑うほどのダジャレネタを連発。初めはたどたどしい手つきで寿司ネタをシャリに乗せていたたけしだが、そこは世界のキタノ、持ち前の負けん気を発揮し次第にその動きもサマになってくる。さらに、売れ残ったネタは一定時間を経過すると廃棄処分となると聞き、芸人魂に火が点いたたけしは予定外の「芸術作品」まで生み出すことに! あまた並ぶ寿司ネタの中、このダジャレ満載で芸術的なたけしの寿司たちは、何も知らぬお客さんの興味を引き食べてもらうことはできるのか?

取材・文=magbug(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/143458/

あなたにおすすめ