雷蔵、勝新、田宮二郎らがスクリーンに蘇る!「大映男優祭」の注目作はコレだ

Movie Walker

2018/4/12 12:20

4月14日(土)~5月11日(金)まで角川シネマ新宿にて「大映男優祭」が開催される。1942年に誕生した映画会社・大映は、長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎、川口浩、船越英二、田宮二郎、京マチ子、山本富士子、若尾文子、中村玉緒など、数多くの映画俳優を輩出した。その創立75周年にあたる2017年夏に「おとなの大映祭」、今冬に開催された「大映女優祭」に続き、メモリアルイヤーの最後を締めくくる第3弾として、男優の華やかな魅力が解き放たれた45作品を一挙上映するのが本映画祭だ。

このたび、世界的に高く評価された3作品と舞台挨拶が行われる2作品の場面写真が公開された。

1本目は、あのクエンティン・タランティーノ監督にも影響を与えたことで知られる大ヒットシリーズの第1作『座頭市物語』(62)。強烈なキャラクターもさることながら、坊主頭で立ち回りをする勝新太郎のクールなビジュアルが印象に残る。

2本目は、海外で絶賛された傑作時代劇『地獄門』(53)。長谷川一夫演じる盛遠と京マチ子演じる袈裟の男と女のエロティックさや、せつなさを漂わせる作風は、いまなお色あせない。

3本目は、医学界の腐敗を暴いた山本薩夫の渾身の大作ドラマ『白い巨塔』(66)。鋭い眼差しを向ける、主演を務めた田宮二郎の顔が印象的なビジュアルとなっている。

4本目は、薄幸の美剣士が辿る数奇な運命を市川雷蔵が演じた彼の代表作『斬る』(62)。のちに“剣三部作”となる三隅研次監督・雷蔵コンビの最初の作品で、4月15日(土)には映画評論家の佐藤忠男がその魅力を語る舞台挨拶が予定されている。

5本目は、巨匠・市川崑が綿密に綴る魂の救済のドラマ『炎上』(58)。三島由紀夫「金閣寺」を市川雷蔵主演で映画化した本作は、ラストの幻想的な炎上シーンは市川美学の極致とも言える。4月21日(土)には、戸苅役で本作に出演した仲代達矢のトークイベントが行われる予定だ。

大映作品の男優たちが演じた、愛する女性を守るために生き、正義のために闘い、自分の欲望や野心のために行動する“美しく、魅力的な男たち”をスクリーンで堪能できる新旧映画ファンに向けた贅沢な特集上映は、今週末いよいよスタートだ。(Movie Walker・文/編集部)

https://news.walkerplus.com/article/143503/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス