みやぞん、黒柳徹子を謎の言葉で形容「逆に芸人いいキラー!」

テレビドガッチ

2018/4/12 12:30

『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』(4月13日公開)でアニメ・キャラクター化され、初の声優にも挑戦しているお笑いコンビ、ANZEN漫才のみやぞんとあらぽんが、4月13日(金)放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系、毎週月~金、12:00~)に初登場。黒柳徹子と天真爛漫さにあふれる異次元のトークを繰り広げる。

まず、黒柳はみやぞんの髪型に興味津々。みやぞん本人がセットするというリーゼントの作り方を、詳しく聞いていく。その後は、さまざまなギター演奏をリクエスト。美空ひばりの「川の流れのように」や『徹子の部屋』のテーマソングなど、即座に披露するみやぞん。しかし、気になる黒柳のリアクションは「まあ、いいと思います」「簡単ね」などなど、多くの芸人が苦戦を認めているこれまでと大きくは変わらないものだったが、そんな黒柳をみやぞんは“芸人キラー”ならぬ、「逆に芸人いいキラー!」と謎の言葉で形容。黒柳のさまざまなリクエストについても、「興味を持っていただけたのかなとありがたかったので、全身全霊でやりました!」と満面の笑顔。

一方、かみ合っているようないないような黒柳とみやぞんのトークを2人の間に座って聞いていたあらぽんは、「人生で初めて、独特の髪型の方に両サイドから挟まれました(笑)。それが一番の衝撃」と収録の感想を告白。「独特な方がもう一人の独特な髪型をいじるという……なかなかないシチュエーションでしたね」と天真爛漫さでは芸能界で群を抜く黒柳とみやぞんが作り出す“異空間”を振り返った。

トークは、みやぞんの母親との爆笑エピソードや、新婚のあらぽんのなれそめ話、未婚のみやぞんの結婚相手についてなど多岐にわたって展開。また、あらぽんからは趣味で栽培しているひょうたんが黒柳にプレゼントされる一幕も。番組タイトルを『“徹子さん”の部屋』と呼び敬意を表する2人。徹子とのやり取りに注目が集まる。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ