「なに、この小さな車!」 新型かと思ったら、実は高速道路でたくさん撮影されていた

grape

2018/4/12 09:58


@vaguefrisbee
広大な景色を撮影する時に活躍する、パノラマ機能。デジカメやスマホなどのレンズを縦や横にゆっくりと動かしながら撮影すると、長い1枚の画像にすることができます。

広い範囲を撮影できる点は優れているのですが、「動いているものを撮ると変な写真ができる」という難点も。

例えば、撮影途中で動物が動くと、胴体や首がやたらと長い写真が撮れてしまうのです。

けれど、ある男性は「失敗写真が現実より魅力的な風景になることもある」と気付きました。

きゅっと縮まった車だらけ

オーッ!

スマホのパノラマ撮影を高速道路で使うと、小さな可愛い車を撮ることができるよ。

やってみて!
@vaguefrisbee ーより引用(和訳)

4枚の画像と一緒に、そんなコメントをしたピーナッツセクション(@vaguefrisbee)さん。

いったい、どんな写真が撮れたのかというと…。

縮まった車たち…これは可愛いっ!

投稿者さんの写真に、多くの人が心をつかまれました。

【ネットの反応】

・素晴らしい発見だ!

・未来の車っぽいね。

・やってくれるな、パノラマ撮影は!

・そうなんだよね、動きが速いと縮まっちゃうんだ。

・こんなおもちゃを子どものころに持ってたなあ。

「普段は車を見てもなんとも思わない」という人も、テンションが上がってしまいそうな小さな車。

パノラマ撮影を使用する場面が増えそうですね。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ