最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「どうせ私なんか……」が口癖の人へ。自己否定と謙遜は違います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「どうせ私なんか」が口癖の女性になっている女性はいませんか?聞いているほうも何だかブルーになってしまうこの言葉。一見「自分に自信がないだけ」と一括りにされてしまいそうですが、実はこんな自己否定を繰り返す人って、2パターンに分かれるのではないかと思います。

■最初から恋愛を諦めてしまっているパターン
まずは「どうせ私なんか、誰からも好きになってもらえないし……」と、何もしないまま恋愛を諦めてしまっているパターン。自分は気になる彼にアプローチもしないのに、「あの子はかわいいから彼氏ができるんだ」「所詮見た目が大事なんでしょ」などと、勝手に決めつけてしまう人もいます。

でもそういうひねくれた内面って、表ににじみ出るもの。結果、男性からますます「あの子って暗いオーラが漂っているよね」と察知され、敬遠されてしまうのです。

■実はそこそこの恋愛経験があるパターン
今度は逆で、そこそこモテてきた(または恋愛経験がある)タイプ。好きな人や気になっていた人と付き合えたのにもかかわらず、いろいろとうまくいかなかったトラウマから(たとえばデートに失敗してしまったとか、些細なケンカから別れることになってしまったとか……)、「どうせ私なんか誰からも愛されないんだ」「どうせみんな体目当てなんでしょ」といった被害妄想のような思考にとらわれてしまいます。

でも彼氏がいる幸せや、愛される喜びは知っているため、「どうせ私なんか……」という思いは隠しながら、モテテクや男ウケを利用しています。

■愛されたいなら自己否定はやめるべき!
上記2つは一見タイプが違うように見えますが、「本当は誰かに愛されたい」という思いは同じです。だけど自己否定ばかりしている相手に、魅力を感じる人って少ないですよね。男女逆で考えてみても、「どうせ俺なんか……」とばかり言っている相手と付き合うのは、かなりメンタルを消費されそうで、敬遠してしまうでしょう。

またたとえ自己否定感情を隠して彼氏をゲットしても、付き合いはじめたら「どうせ私のことなんか好きじゃないんでしょ!」などと彼氏を責め立てたり、勝手に不安になってしまう人が多いものです。そうすると当然彼氏とのケンカが勃発し、最悪別れることに。またひとつ自分に自信がなくなる要素ができてしまいます。

まずは「どうせ私なんか……」と思いそうになったら、同じ「どうせ」でも「どうせだったらやってみよう!」にシフトチェンジしてみましょう。「どうせダメかもしれないけれど、アプローチしてみようかな」とか「どうせだったら彼とうまくいくことを考えてみよう」とか。「もともと成功率は低そうだし、上手くいかなくってもしょうがないよね~」と気楽に受け止めて、チャレンジしてみるのです。そうやって意識的に発想を変えることで、周りが変化するだけじゃなく、自分も生きやすくなるはずです。

■おわりに
自分を丸ごと愛してあげるのは難しいかもしれません。だけど自分のことを必要以上に卑下していても、それは相手を困惑させるだけです。自分を必要以上に下げて貶す自己否定と、評価を受けつつもそれにあぐらをかかずに「まだそこには至っていない」と高みを目指す謙遜は違うということを忘れずに、自分から楽しい毎日を切り開く訓練をしていきましょう。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)


外部リンク(ハウコレ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス