3月終了の番組で最も「終わってほしくなかった」のは? 1位は一時代を築いた…

しらべぇ

2018/4/12 10:00


(lapandr/iStock/Thinksotck)

2018年3月は、長きに渡り放送されてきた番組が数多く終了。4月から新番組がスタートしているが、長年親しんだルーティンがなくなってしまい「ロス」状態になっている人もいるのでは。

その中で、最も「終わってほしくなかった番組」はどれなのか。しらべぇ編集部では全国の20代~60代の男女1,348名に、独自にピックアップした8番組のうち、どれが「最も終わってほしくなかったか」を調査。

とんねるずのみなさんのおかげでした・めちゃめちゃイケてるッ!・ウチくる!?・おじゃMAP・『ぷっ』すま・音楽チャンプ・天才キッズ大集合~君ならデキる??~・スポーツLIFEHERO’S・その他

結果をランキング形式で紹介しよう。

■第5位:ウチくる!?(9.6%)


5位は1999年から放送されていたフジテレビ系バラエティ番組『ウチくる!?』。ゲストの地元を司会の中山秀征と女性タレントが訪れるスタイルで、日曜正午の顔だった。

昨今はネタ切れが囁かれていた上、番組も少々ワンパターン気味になり、ついに2018年3月をもって放送終了。しかし、番組には根強いファンが存在しており、9.6%が「終了が惜しい番組」と感じている。

■第4位:おじゃMAP(11.4%)


香取慎吾と山崎弘也が珍道中を繰り広げる『おじゃMAP』(フジテレビ系)が4位に。終了発表直後から「終わらないで」「まだ観たい」という声が噴出した同番組だが、香取のジャニーズ事務所退所が遠因となったのでは…と言われている。

根強い人気がある番組だっただけに、惜しんでいる人が多いようだ。

■第3位:『ぷっ』すま(12.6%)


3位は草彅剛とユースケ・サンタマリアが出演し、20年間放送されたテレビ朝日系バラエティ『ぷっすま』。深夜放送ながら人気が高く、テレ朝を代表する番組だった。

まだまだ人気は健在だったが、香取慎吾と同様の理由で終了となった可能性が高く、納得できないファンもいるよう。一部にネットテレビで復活するという噂もあったが、現在のところそのような動きはない。

■第2位:めちゃめちゃイケてるッ!(14.6%)


21年半の歴史に幕を閉じたフジテレビ系バラエティ『めちゃめちゃイケてるッ!』が2位に。批判も多い番組だったが、攻めた笑いを好む人もいるといわれていただけに、「終了してほしくなかった」と考えている人が一定数存在しているようだ。

■第1位:とんねるずのみなさんのおかげでした(15.1%)


1位は『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)。『おかけです』時代を合わせると、30年に及ぶ歴史を刻んだ番組で、『食わず嫌い王決定戦』や『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』など人気コーナーも多い。それだけに、終了を惜しむ人が多かったようだ。

石橋貴明は番組内で「終わりだと思っていない。また戻ってくる」と発言。将来的な復活に含みを持たせている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

上位5番組以外に、「その他」と答えた人が46.8%存在。人気番組でなくとも、「終了してほしくなかった」と感じさせる番組があるのだろう。

『とんねるずのみなさんのおかげでした』が1位となった「2018年3月終了番組のなかで最も終わってほしくなかった番組」ランキング。賛否両論あったが、やはり根強いファンがたくさんいるのだ。

ファンの想いが「番組復活」に繋がる可能性は、ゼロではないかもしれない。

・合わせて読みたい→激しい視聴率争いを繰り広げる「日曜朝10時」 最も「終わっていい」と思う番組は?

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス