最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

「ペヤング」を健康的に食べる裏ワザ プラス100円で実践できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


カップ焼きそばとカップラーメン。

糖質の量からして五十歩百歩なのは承知で、ランチで食べるとすればどちらの方が不健康かご存知だろうか……?

管理栄養士の浅野まみこ氏によると、カップ焼きそばの方がより不健康な食べ物になってしまうらしい。

「糖質・脂質・塩分の量を比較した時、カップラーメンはスープを残せるので塩分を減らせる一方、カップ焼きそばは塩分も丸ごと全部摂取してしまう、からです」とのこと。

また、カップ焼きそばがフライ麺ばかりなのに対し、割合としては多くはないにしろカップラーメンはノンフライ麺タイプを選べるという点を考慮しても、カップラーメンがマシだという。

「酸化の進んだ食品を食べると、体内の細胞に傷がつき、脳梗塞や心筋梗塞などの原因になります。JAS企画では市販のサラダ油の店頭が並ぶ時点の酸価(酸化の基準。油脂内の遊離脂肪酸)は0.15以下に抑える規定がありますが、カップラーメンのフライ麺の酸価は基本的に3以下ということで販売されています。一度揚げた食品は空気や光に触れることで酸度がどんどん上がっていきますが、フライ麺は店頭に並ぶ時点で酸度が非常に高い食品のひとつです」

不健康食品の代名詞的存在のカップラーメンとの低次元な健康争いに負けてしまったカップ焼きそば。

コンビニランチで迷ったら、とりあえず『ペヤング』」という往年の『ペヤング』ファンたちには悲報とも言えるが、SPA!はサラリーマンの味方・ペヤングを諦めない。本記事では『ペヤング』を例に“それでもカップ面を食べたいサラリーマンが、カップ麺を限りなく健康的に食べる裏ワザ”を、浅野まみこ氏に伝授してもらった。

◆『ペヤング』を(比較的)健康的に食べるためのキー食材

その方法とは『ペヤング』通常サイズにコンビニのカットキャベツ(100円)を入れ、カップ焼きそばをキャベツ焼きそばにしてしまうというものだ。作り方は簡単でフライ麺の下にカットキャベツを敷き詰めて、そこに通常通りお湯を入れてもよし、予めレンチンしたキャベツを入れてもよしだ。

浅野氏によれば、糖質や脂質、塩分など同じ量を摂取するなら、せめて野菜などを加えて食物繊維を摂取し、脂質の吸収を阻害、血糖値が急激に上がらない食べ方をするという工夫が大切なのだという。

「食事の時に食物繊維を摂るようにすると、血糖値の急上昇をある程度抑えることができます。同じ量でも血糖値が急激に上がるのと緩やかに上がるのとでは著しい差があるんです。血糖値が上がるとその瞬間に体で糖化が起きますが、血糖値の上昇が急激なほど血管へのダメージは大きく、逆に緩やかに上がると血管のダメージを抑えられます」

血糖値の急激な変動を減らすことは突然死のリスクを減らすだけでなく、疲労感の改善などにも繋がるため、多忙なサラリーマンにこそ非常に重要なのだ。

たとえば、セブンイレブンの「千切りキャベツ」は1袋150グラム入っているが、キャベツは熱で容量が小さくなるのでかなり大胆な量を入れてよい。レンジで熱して後から投入する方法なら全部入れられるし、レンジを使わず生のまま敷き詰めお湯を入れる方法でも、1/3~半分くらいは入る。熱湯を入れてからの時間は通常通り3分でOKだが、ただフライ麺の上部がお湯から浮いて少しふやけ難いので途中で麺をほぐし、ちゃんと熱湯に浸すよう注意してほしい。

実際に食べる前は味が薄まってしまいそうな心配もあったが、取材班が実際に作ってみたところ、ケミカルなソースの味付けにキャベツの歯ごたえと優しい甘さが絡んで、むしろ普通の『ペヤング』より美味い!

満足度も超大盛サイズに勝るとも劣らないものがある。

◆買い溜めを避けて新鮮なペヤングを買おう!

サラリーマンたるもの、空腹だと『ペヤング』の超大盛サイズをつい買いたくなるが、この方法なら費用やボリュームが超大盛りサイズと変わらず習慣化しやすい。普段、「健康にお金を使うのがなかなか難しい」「ストイックな健康法はあまり実践できない」という人でも実践しやすいだろう。

特にレンチンして麺と一緒に混ぜるのは簡単でオススメ。コンビニのイートインで食べる時などは、店員さんに頼んでレンチンしてもらおう。

「酸化の問題もあるので買って三か月くらいならまだしも、賞味期限が過ぎたようなあんまり古いフライ麺は避けて下さい。男性の一人暮らしにありがちなカップ焼きそば・カップラーメンの買い溜めは控えて、お腹減った時にその都度コンビニに行ってなるべく製造したばかりの“新鮮なカップ麺”を手に入れるほうがいいです」(浅野氏)

まさか健康管理のプロに賞味期限切れインスタント麺のリスクについてまで語ってもらえるとは思わなかったが、「ちょっと自分の身体にイイことをする意識を持って、毎日少しずつでも積み重ねて行くこと」が健康管理では何より大切らしい。

新鮮な『ペヤング』にカットキャベツ。健康長寿の道へ踏み出す第一歩に相応しい、コンビニランチと言えるだろう。<取材・文/伊藤綾>


外部リンク(日刊SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス