筑前煮の残りが洋風に大変身! 「スコップコロッケ」

E・レシピ

2018/4/12 08:00

定番料理の筑前煮。一度に少なく作るのも、多く作るのも手間は一緒。

ならばたくさん作って、リメイクしませんか?

筑前煮が残ったら、刻んでコロッケの具にするのがおすすめです。でも、丸めて揚げるのは面倒。簡単にコロッケ風にするなら、耐熱容器に入れて、パン粉をかけてトースターへ。

このレシピのように、成形したり揚げたりせず、グラタン皿などに具材を全部入れて作るコロッケをスコップコロッケといいます。揚げて作るより、断然カロリーもオフ。手間なし、かつヘルシーなおかずです。また、お弁当用の小分けカップで作れば、お弁当のおかずにもなって便利ですよ。

■スコップコロッケ

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子

<材料>※作りやすい分量で
じゃがいも 3個(1個約120g)
筑前煮 100g
塩 適量
パン粉、オリーブ油、ソース 各適量

<作り方>
1、じゃがいもは皮つきのまま4~8等分にし、耐熱容器に入れる。ふんわりラップをし、600wの電子レンジで約7分加熱をする。

2、筑前煮は5mm角ほどのざく切りにする。

3、じゃがいもの皮をとってマッシャーでつぶし、筑前煮を入れて混ぜ、味をみて塩で味を調える。

4、耐熱容器に3を入れ、パン粉をかけてオリーブ油をかける。

5、トースターで焼き色がつくまで焼き、ソースをかけていただく。

ちなみに、我が家は揚げ物をあまりしないので、パン粉を切らしていることも多く…そんなときは、ピザ用チーズをのせて焼くことも。これもおいしいですよ。


コツ・ポイント レシピではグラムで量を示していますが、じゃがいもと筑前煮の割合は、3:1が目安なので、お好みの量でも作れます。その場合、じゃがいものレンジ加熱は100gに対して600wで2分を目安にするとよいでしょう。


(長 有里子)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス