最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

大杉漣が俳優魂を捧げた“生”と“死”のドラマ。初のプロデュース作にして最後の主演作『教誨師』の特報がお目見え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今年2月21日に惜しくも急逝した名バイプレイヤー、大杉漣が主演とエグゼクティブプロデューサーを務め、死刑囚と対話する男の姿を描きだした『教誨師』が10月6日(土)から公開。このたび本作の特報映像が解禁された。

大杉が演じるのは、刑務所で受刑者の救済を行い改心に導く教誨師。本作は彼が6人の死刑囚たちと教誨室という空間の中で語り合う姿を通して、人間の本質を浮き彫りにしていく会話劇だ。

年齢や境遇、性格の異なる死刑囚の理解者であり、話し相手でもある教誨師として、働きはじめて半年になる牧師の佐伯。彼は独房で孤独な生活を送る死刑囚たちに寄り添いながら、自分の言葉は本当に彼らに届いているのか、そして彼らが心安らかに死ねるように導くことは正しいことなのかと苦悩していく。

これまで数え切れないほど多くの映画やテレビドラマに出演し、日本の映像作品になくてはならない存在となっていた大杉。そんな彼でも主演を務めた作品はわずかに数本。そして、プロデュースを務めた作品は本作が最初で最後となった。

共演には遺作となったドラマ「バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活をしたら~」でも共演した光石研をはじめ、烏丸せつこや古舘寛治。そして本作で映画初出演を果たす劇団「柿喰う客」の玉置玲央。

死刑と向き合う刑務官の姿を描いた『休暇』(08)で脚本を担当した佐向大がメガホンをとる本作。演技派俳優たちが問いかける強烈な“生”のメッセージを受け止めると同時に、大杉の最後の勇姿をしっかりと目に焼き付けてほしい。(Movie Walker・文/久保田 和馬)

https://news.walkerplus.com/article/143453/

外部リンク(Movie Walker)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス