最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

19歳警官、41歳警官を射殺か 未明に身柄確保 滋賀・彦根市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 滋賀県彦根市の「河瀬駅前交番」で11日午後8時45分ごろ、県警の井本光(あきら)巡査部長(41)が頭と背中を拳銃で撃たれ、血を流して倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。同僚の男性巡査(19)が行方不明となっていたが、12日未明、滋賀県愛荘町内で身柄を確保した。県警は巡査部長を銃撃した疑いが強まったとして行方を追っていた。殺人容疑で逮捕状を請求する方針を固めている。2人はこの日朝から交番で一緒に勤務していた。

 井本巡査部長は自身の拳銃を携帯した状態で、使用された形跡がなかった。不明の巡査の拳銃は見つかっていない。井本巡査部長はうつぶせで倒れており、背後から撃たれた可能性が高いと県警はみている。巡査は昨年4月に警察学校に入り、今年1月から彦根署に配属となったばかりだった。

 彦根市消防本部によると、11日午後8時45分すぎ、県警から「市内の交番の中で人が血を流して倒れている」と通報があった。

 県警によると、井本巡査部長が倒れているのが見つかった約30分前に、交番のパトカーが、隣接する同県愛荘町の田んぼに突っ込んでいるのが発見された。車内は無人だった。不明の巡査が逃走に使用した可能性があるとみて調べている。

 現場は琵琶湖東岸でJR東海道線の河瀬駅の前にある。周囲には住宅や商店が立ち並ぶ。交番の近くには救急車や数台のパトカーが集まり、規制線が張られて物々しい雰囲気になった。

 《警官同士の過去のトラブル》14年には警視庁蔵前署に勤務する24歳の男性巡査が、婚約していた田無署の女性警察官の腹部を刺して殺害し、その後、飛び降り自殺した事件があった。00年には神奈川県警警察音楽隊の警部補が同僚の女性隊員を刺殺。自らも首をつって自殺した。事件前、女性隊員は「交際を迫られて困っている」と県警監察室に相談していたという。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス