マツダ・CX-8が2017年度「JNCAP」の予防安全性能評価において全項目で満点を獲得

clicccar

2018/4/12 07:03


デビュー以来、マツダの予想を上回る好調なセールスとなっているマツダ・CX-8。2017年度自動車アセスメント(JNCAP)の予防安全性能評価において、すべての評価項目で満点の評価を受け、最高ランク「ASV++(エーエスブイ ダブルプラス)」を獲得したと発表されました。

「ASV++」と評価されるモデルは珍しくありませんが、全項目で満点というのは珍しく、最高ランク「ASV++」を獲得したCX-8は、同社の先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の装備として、被害軽減ブレーキ技術「スマート・ブレーキ・サポート」や「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」、車線の逸脱警告・防止技術「レーンキープ・アシスト・システム&車線逸脱警報システム」を搭載。先述したように、すべての評価項目で満点(総合得点:79.0/79.0)となっています。なお、CX-5も同じようにすでに「ASV++」を獲得。

CX-8にはそのほかにも、認知支援技術である先進ライト「アダプティブ・LED・ヘッドライト」もしくは、「ハイ・ビーム・コントロールシステム」と、前進、後退時の「AT誤発進抑制制御」が標準装備されたことで、「安全運転サポート車(セーフティ・サポートカー)」の「セーフティ・サポートカーS(略称:サポカーS)・ワイド」に全グレードが該当。

さらに、車線変更時などに斜め後方から接近する車両を知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング」や、駐車場で後退しながら出る際などに接近する車両を知らせる「リヤ・クロス・トラフィック・アラート」といった車両周囲の危険認知と安全運転をサポートする先進安全技術も、CX-8全機種に標準装備されています。

(塚田勝弘)

あなたにおすすめ