最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ディーン・フジオカが3変化!骨太人間ドラマ「モンテ・クリスト伯―」はココに注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界的に愛される名著を原作にした骨太な人間ドラマがこの春、スタートする。ディーン・フジオカ主演で描かれる重厚な復讐ドラマの見どころを押さえて、ドラマをじっくり味わおう。

■ さわやかな青年から復讐鬼へ…まるで別人に

「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」(4月19日スタート、毎週木曜夜10:00-10:54※初回は夜10:00-11:09フジテレビ系)。日本では「巌窟王」の名で知られる小説「モンテ・クリスト伯」の舞台を日本に置き換えたディーン・フジオカ主演のドラマだ。原作者のアレクサンドル・デュマはフランスきっての文豪で、小説「三銃士」の作者としても知られる。

そんな文学作品をドラマ化した「モンテ・クリスト伯―」。本作でまず注目したいのは、心優しい青年・柴門暖(さいもん・だん、ディーン)が15年の獄中生活を経て別人のような復讐鬼に変わっていく、その変貌ぶりだ。

守尾漁業で漁師として実直に働いていた暖。素朴だが明るい性格で、上司からの評価も高い。恋人・すみれ(山本美月)との結婚も決まり、公私ともに幸せの絶頂にいた。

しかし身に覚えのない罪で投獄されると、まるで仙人のような長髪&ひげ面の囚人に。暖は、恋敵や出世をねたむ先輩、警察官の保身によって、異国の地で15年間投獄されてしまうのだ。

15年後、復讐鬼となって帰ってきた暖は、見違えるような洗練された美しさをまとっている。バンパイアのような美しいいでたちで別人に成りすまし、自らの人生を狂わせた人物たちに近づく。獄中生活で謎の男・ファリア真海(田中泯)から全ての知恵を授かっていた暖は、復讐という第2の人生へ向かう。

■ 暖を取り巻く業の深い人間模様

そしてもう一つの見どころは、暖を変貌させるに至った人間模様。何も知らないまっすぐな青年だった暖は、一見優しい周囲の人物たちの心の闇に気づかず、彼らの妬みや野心の餌食となっていく。そこに浮かび上がる人間の深い業が、ドラマに深い陰影を刻む。

売れない役者・南条幸男(大倉忠義)は暖と仲が良く、婚約も祝福するが、本心ではすみれをひそかに愛している。暖のよき先輩社員・神楽清(新井浩文)は、学歴はないが地頭が良く、損得勘定で生きる。そして、心の中には深い闇を抱えている。さらに、暖を陥れる人物は当局にも。公安警察の入間公平(高橋克典)将来有望なキレ者。ある事情から、暖に無実の罪を着せて牢獄へ送り込む。

人間の業が暖を苦悩の復讐鬼へと変えていく。その過程と暖の変貌ぶりが見どころの本作。19日放送の第1話ではその第一段階、穏やかな生活が一変する過程が描かれる。

ある日、暖の乗る遠洋漁業船が遭難。その船内で、船長は「日本に戻ったら、ある人へ届けてほしい」と1通の手紙を暖へ託し、息を引き取ってしまう。その船長には、ある国のテロ組織の一員であるという疑いが掛けられていた。すみれや友人・幸男(大倉忠義)、先輩社員である神楽(新井浩文)らが待つ町へ帰還した暖は、航海の腕を買われ船長へ昇格。一方、公安刑事の入間(高橋克典)は手紙の件を聞き、暖の元へ。入間は英字の文面を読み、手紙を押収する。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/143087/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス