最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

本当に我が子に合ってる?「ベストな習い事」の見極めポイント3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


■子どもの習い事が続いている理由は?

株式会社イオレが2017年4月に行った調査によれば、0~12歳の子どもで一番続いている習い事のトップ3は、「サッカー(20.8%)」「水泳(19.4%)」「ピアノ(10.6%)」となっていました。

また、その習い事が続いている理由として「好きなこと・得意なことにつながっているから(52.5%)」がトップ、次いで「体力づくりや運動能力の向上になるから(45.5%)」、「子どもの希望で始めたから(42.3%)」が多い結果でした。

習い事をやめた理由は、「子ども本人の意思(33.3%)」、「他の習い事を始めるため(32.8%)」、「子どものやる気がみられなくなったため(14.1%)」がトップ3となっており、やる気がみられずやめさせたというのは比較的少ないようです。

■子どもが習い事に対してやる気がみられなくなったら……?

子どもが習い事に対してやる気を見せなくなったら心配になりますよね。そんなときは、家庭教育アドバイザーの柳川由紀さんによると、3ステップで対応するのがいいのだそうです。

■1.子どもに理由を聞く

柳川由紀さん(以下、柳川)「子どもの行動には必ず理由があります。ですから、まずは子どもに理由を聞き、主張に耳を傾けましょう。

例えば、お友達とトラブルになっている、先生と合わないなど環境が理由で楽しめない場合もあります。あるいは、そもそもこの習い事にそれほど興味がなかったのかも知れません。様子を見ているうちにどんどん時間が経ってしまう可能性もありますので、とにかく子どもの気持ちを優先しましょう」

■2.親子で楽しむ

柳川「やる気が持てない理由を改善するために、友だちとクラスを変更してもらう、先生を交代してもらう、スケジュールを調整するなど相談、検討し、対処することは必要ですが、それに加えて親子で楽しむことも重要です。

楽器や学習系の習い事は、練習や宿題が欠かせません。やる気が失せて、子どもが練習や宿題をしないと言って叱ると、そこには楽しみもワクワクもありません。『何で練習しないの?』ではなく『一緒にやろう』と言って子どもの宿題や練習を同じようにやってみることです。意外と楽しいものですよ」

■3.無理強いしない

柳川「親が一緒に楽しんでも、子どもの気持ちに共感して励ましても、子どもが習い事に興味がなくなってしまったのならば、スパッと辞めることをおすすめします」

■子どもの習い事、本当に合ってる?見極めポイント3つ

子どもは、親に対して習い事を楽しんでいる振りをすることもあるかもしれません。

今通っている習い事が我が子に合っているかどうかの見極めポイントとして、柳川さんは次の3つを挙げます。

■1.本当に楽しんでいるか

柳川「その習い事が子どもに合っているかどうかを見極める一つ目のポイントは、本当に楽しんでいるかです。

子どもは親の期待に応えようと無理をしがちですから、そこに誘導していないかを振り返り、他人と比較して過度の期待をしたり、親同士の競争になったりしていないかを確認しましょう」

■2.指導者との相性が良いか

柳川「どんなに子どもが好きな習い事でも、指導者との相性が悪ければ長続きしません。相性の良さを客観的に観察してみてください」

■3.上達しているか

柳川「明らかに上達が遅い、いつも苦戦しているようであれば、向いていないのかもしれません。好きで向いている習い事であれば上達はとても早いものです」

■親の希望と子どもの興味・適正の折り合いはどうつける?

習い事は、親の希望と、子どもの興味や好み、適正が合ってないこともあるかもしれません。そもそも子どもの習い事は、親の希望とどのように折り合いをつければいいでしょうか。

柳川さんは次のように話します。

柳川「習い事はワクワクのタネまきです。幼児期に子どもに合う習い事を見つけるのは大変です。実際に始めてみて、向き不向きがわかることもあります。ですから『合う習い事』を見つけるより『習い事でワクワクのタネまきをして子どもの視野を広げる』と考えましょう。

大切なのは、親が何をさせたいかではなく、子ども自身が『何をしたいか』という気持ちと、子どもが『自分で選んだ』という感覚を持たせることです。

また、習い事を始める前に『どういう状態になったらやめるのか」を決めておくことも大切です。子ども自身が『〇年生になるまでやる』『大会で入賞するまで頑張る』などゴール地点をイメージしてから始めると、途中で投げ出すことも少なく達成感も味わえます」

子どもの可能性を広げる習い事は、ぜひ子どもが積極的に取り組むものをさせてあげたいものです。いまいちやる気がみられない場合には、一度、確認してみるといいかもしれません。

【取材協力】柳川 由紀さん プロフィール

家庭教育アドバイザー(日本家庭教育学会認定)。静岡市学校教育相談員、静岡市食育推進委員などを務め、現在は「親力アップ静岡」を主宰。発行中のメルマガ 「子どもを伸ばす 親力アップの家庭教育」は、一昨年全国メルマガ大賞教育部門第3位を受賞。

・メルマガ「子どもを伸ばす親力アップの家庭教育」

・柳川由紀MAG2NEWS


外部リンク(ウレぴあ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス