「おっさんずラブ」ロックな兄貴役で出演するアンジャッシュ児嶋は長渕剛を意識!?

ザテレビジョン

2018/4/12 06:00

おっさん同士のピュアなラブストーリーを描く田中圭主演ドラマ「おっさんずラブ」(4月21日スタート、毎週土曜夜11:15-0:05テレビ朝日系)にアンジャッシュ・児嶋一哉の出演が決定。児嶋演じる荒井鉄平のビジュアルも公開された。

すでに、番組公式インスタグラムも1万人を突破するなど、放送前から注目を浴びている同ドラマは、女好きなのにモテない33歳の春田創一(田中)が主人公。そんな春田は突然、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、同居している“イケメンでドSな後輩”牧凌太(林遣都)の二人から告白されるところから物語はスタートする。

児嶋が演じ荒井鉄平は、春田の幼なじみ・ちず(内田理央)の兄で、「居酒屋わんだほう」の店主という人物。児嶋は、「タイトルを見て『何じゃ、このドラマ』と思いましたが、台本読み始めたら面白くて止まらなくなりました」と話し、ノリノリで撮影に参加。さっそく田中&内田とのシーンを撮影すると、すぐに2人とも馴染んだよう。「『もう何回も撮影したっけ?』というくらい、自然な空気でした」と撮影を振り返った。

そんな児嶋は、思わず「誰だっけ?」と聞きたくなるようなビジュアル&ギター演奏もお披露目となった。というのも、鉄平はロックな男という設定ということで、児嶋は黒いターバンを頭に巻き、うっかり触れると火傷しそうなド派手シャツ&ハードなネックレスを着用している。さらに、アコースティックギターを愛用しており、劇中では弾き語りも披露。役を演じるにあたっては、「長渕剛さんを意識してる部分があります」という児嶋は、弾き語りも撮影現場でサラリとやってのけ、周囲も仰天。「長渕剛さんの歌のギターコードを見て、その場で歌ったりして、練習しているんです」と明かした児嶋の熱演ぶりも大注目だ。

■ 第1話(4月21日[土]放送)あらすじ

結婚したいのに全然モテない33歳の独身男・春田創一(田中圭)は通勤中、痴漢に間違われたところを、尊敬する敏腕上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)に助けられる。ところがホッとしたのも束の間、春田の目には“見てはいけないもの”が飛び込んでくる。それは…黒澤の携帯のロック画面に映し出された、春田のキメ顔写真! え、え、え? 何? いまの何!?―――動揺する春田だが、さらに仕事中、黒澤のパソコンでとんでもないものを発見。なんと“spring”と名付けられたフォルダに、春田の隠し撮り写真が大量に保存されていたのだ! まさか部長…俺のことを…いやいや、確かに運命の恋にいつか巡り合えると信じて生きてきたけれど…こ、これは…

「神様。僕が希望していた運命の恋とは、少しテイストが違うような気がします」

完全にパニくった春田は黒澤を一方的に警戒し、挙動不審に…。そんな中、後輩のイケメン社員・牧凌太(林遣都)が本社から異動してくる。牧は礼儀正しく、仕事にも一生懸命。しかも、料理までも得意らしい。折しも、息子の自立を心底願う母親に突如家出され、家事もままならず途方に暮れていた春田は、牧に同居を提案。さっそく引っ越してきた牧の“女子力”に、春田は感動しまくりで…!

その頃、運命の歯車は怒涛の勢いで回り始める。なんと、黒澤が春田を呼び出したのだ。やけにムーディーな待ち合わせ場所で春田を待っていたのは…バラの花束を持った黒澤! しかも、男気あふれる黒澤の口から飛び出したのは、「はるたんが…好きです!」という、乙女すぎる愛の告白で…!?(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/143459/

あなたにおすすめ