松岡昌宏、10代だった剛力彩芽との秘話を明かす「足に座らせて…」

クランクイン!

2018/4/12 05:00

 TOKIOの松岡昌宏と女優の剛力彩芽が10日、都内にて開催された新ドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系/4月20日より毎週金曜23時15分)の制作発表記者会見に出席。松岡は、10代だった剛力と共演したときのエピソードを明かし、現在の成長ぶりに驚いていた。

【写真】『家政夫のミタゾノ』制作発表記者会見フォトギャラリー

本作は、女装した家政夫・三田園薫(松岡)が、派遣された家庭や家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマの第2弾だ。松岡は「こういうお仕事をさせていただいていると、『もう1回やろうよ』とお声をいただくことが、何よりもうれしい」とニッコリ。自ら務めるメイクについては「早いです。今は15分でできるようになった」と語った。

剛力との6年ぶりの再共演について「本当に可愛らしいキュートな女の子が、こんなに素敵な女優さんになっているというね」と驚きを明かし、「『必殺仕事人』という作品にゲストで出ていただいたときは、まだ10代でしたからね。空き時間に『よし、剛力。座れ』と言って足に座らせて写真を撮ったりしていたんですけど(笑)、もう全然そんなことできない」とコメント。これを受けた剛力は「やっとご一緒できるのがすごくうれしかったです。ただ現場にいるのはミタゾノさんなので、どう言ったらいいのかわからないんですけど…すごく楽しいです」と白い歯を見せた。

松岡は、主題歌『戯言』を務めるTOKIO・城島茂にそっくりの島茂子について、「彼女もデビューして時間が経っていて、去年くらいからようやく花が咲いたと言っていましたから。まあ、僕らには言えない色々な泥水もきっと飲んできたんでしょうし、本当に頑張ってもらいたいなと思います」とエールを送っていた。

この日の会見には、三田園が所属する「むすび家政婦紹介所」のメンバーを演じる椿鬼奴、内藤理沙、余貴美子も出席した。

新ドラマ『家政夫のミタゾノ』は、テレビ朝日系にて毎週金曜23時15分放送。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ