中村アン『ラブリラン』地味系女子にセフレ!?新たなイケメン登場でさやか困惑

テレビドガッチ

2018/4/12 05:00

中村アン主演の連続ドラマ『ラブリラン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)第2話が、4月12日に放送。今回は、主人公・南さやか(中村)の前に“セフレ”疑惑の新たなイケメンが登場する。

本作は、15年思い続けている“ワイルド甘々男子”の鷺沢亮介(大谷亮平)と、記憶喪失中に同棲していた“ドSツンデレ男子”の町田翔平(古川雄輝)との間で揺れ動くさやかの恋心を描いていく新感覚ラブコメディ。

ひっつめ髪にすっぴんメガネと地味な風貌で、デザイン会社に勤めていた処女のさやか。30歳の誕生日に記憶喪失になってしまい、知らずに3か月が経過していたことにより、自分が周囲の状況が変わってしまったことに戸惑っていた。記憶喪失の間、どうやら“リア充”な女子として翔平と付き合い、同棲していたそうだ。しかも、処女まで奪われていたという。その後、破局していたことも聞かされたが、記憶を取り戻すまで翔平と再び同棲をすることにしたのだった。

そんなある日、「さやかと寝た」と言う見知らぬ青年・藤崎隼人(市川知宏)が現れ、さやかは驚愕する。その上、亮介が恋人・青山瑞希(片瀬那奈)にプロポーズを断られたことを知り、亮介への想いも捨てきれずにいた。そんな中、会社ではさやかが記憶を失くす前にデザインした広告案が、最終コンペまで残っていた。それを知ったさやかは……。

あなたにおすすめ