あしかがフラワーパーク「ふじのはな物語~大藤まつり2019~」はゴールデンウィークが見頃!ライトアップもおすすめ

じゃらんnews


大藤 夜(ヨリ)

あしかがフラワーパークでは、今年も藤が開花を迎えました♪そこで「ふじのはな物語~大藤まつり2019~」の情報をお伝えします!

アメリカのニュースチャンネルCNNから「2014年 世界の夢の旅行10ヶ所」に日本で唯一選ばれ、さらに栃木県指定天然記念物にもなっている見事な大藤♪今年はゴールデンウィークの頃に一番見頃を迎えそうなので、スケジュールをチェックしてみてくださいね。

記事配信:じゃらんニュース
「ふじのはな物語~大藤まつり2019~」が4月13日よりスタート!

大藤 夜

■2019年のポイント
今年の大藤はゴールデンウィークに最も美しい時を迎えそうです。ライトアップ期間も延長されているので、おすすめ!
うす紅色、紫色、白色、黄色と様々な藤が咲き続ける1ヶ月間
(C)2018映画『今夜、ロマンス劇場で』製作委員会映画のロケ地にも使われました♪ (C)2018映画『今夜、ロマンス劇場で』製作委員会
600畳敷きの藤棚が見事な樹齢150年の大藤を始め、長さが80mもある白藤のトンネル、そしてきばな藤のトンネルなど350本以上が咲き誇る見応え充分の藤たち。実は2018年2月に公開された映画『今夜、ロマンス劇場で』のロケ地として使用されました。

さらに映画『アバター』の「魂の木」のように幻想的だとアメリカのニュースチャンネルCNNから絶賛され、日本で唯一「2014年 世界の夢の旅行先10ヶ所」に選ばれたほど見事な藤なんです。

またあしかがフラワーパークの藤は、訪れる時期によってうす紅色、紫色、白色、黄色など様々な色合いの藤が約1ヶ月かけて楽しむことができます。お出かけ前にホームページでお目当ての藤の見頃をチェックしましょう♪

藤と同じ時期に咲くツツジとの組み合わせもとっても華やか!例年の見頃を参考にしつつ、この季節にしか楽しめない昼に夜に美しく咲く藤を訪ねに行ってみましょう。
絵巻物のように移りゆく藤たちをご紹介♪

うす紅藤【例年見頃】4月中旬~4月下旬頃
うす紅藤

大藤(栃木県指定天然記念物)【例年見頃】4月下旬~5月上旬頃
大藤

白藤(栃木県指定天然記念物)【例年見頃】5月上旬頃
白藤

きばな藤【例年見頃】5月上旬~5月中旬頃
きばな藤

ツツジ【例年見頃】4月中旬~5月上旬
ツツジ

■混雑回避&お得ポイント
1)早朝と15時以降は比較的スムーズに見ることができる
2)ライトアップ期間中は17時半以降の入園で300円の割引
3)事前のメール会員登録で入園割引などの特典がある

「ふじのはな物語~大藤まつり2018~」
開催期間/4月13日(土)~5月19日(日)予定
営業時間/7:00~18:00(ライトアップ時は21:00まで)
入園料/大人900円~1,800円 / 子供500円~900円

【ライトアップ】
開催期間/4月18日(木)~5月19日(日)予定
<夜の部> 営業時/17:30~21:00
<夜の部> 入園料/大人600円~1,500円 子供300円~800円
※入園料は開花状況により変動します。
※開催期間、ライトアップ期間は開花状況により変動します。
※夜の部は入替制ではありません。夜の部の入園券は17:30より販売となります。
まとめ

2018年4月1日には栃木県内で35年ぶりにJR「あしかがフラワーパーク駅」が開業し、駅から徒歩1分ととても便利がよくなったあしかがフラワーパーク。まるで絵巻物の様に移り変わる藤の色を愛でて、その美しさに酔いしれに行きましょう。
あしかがフラワーパーク
TEL/0284-91-4939
住所/栃木県足利市迫間町607
営業時間/9:00 ~18:00(季節により変更)
定休日/2月第3水、木と12月31日
アクセス/JR両毛線 あしかがフラワーパーク駅より徒歩1分
※シャトルバスが4月14日より東武足利市駅より毎日運行を開始
料金/花の咲き具合により変動
「あしかがフラワーパーク」の詳細はこちら

情報提供元/株式会社足利フラワーリゾート
※この記事は2019年4月時点での情報です

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ