最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

中毒者続出で即撤去された都市伝説のアーケードゲーム『POLYBIUS』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
180409_what_is_polybius
Image: ゲッティ イメージズ

ゲーム好きもそうでない方も、こんな都市伝説はご存知でしょうか?

1981年、オレゴン州ポートランドにあったいくつかのゲームセンターに、とあるゲーム筐体が置かれました。これは非常に中毒性が高く、プレイし過ぎた人が体調を崩すなど、いわく付きのゲームでした。人々は並んでプレイするほど大人気だったのですが……たびたび黒服の男たちがデータを回収しにやってきては、ついにたったの1、2カ月で筐体は撤去されてしまったのでした。

これは1950年~70年代に、CIAが行なっていたマインドコントロール実験「MKウルトラ計画」の一環ではないか?と都市伝説になっているゲーム機で、名前は『ポリビアス(POLYBIUS)』と言います。ポリビアスはプレイヤーの行動や思考をデータとして記録する情報収集マシーンだったのではないかと考えられています。もちろん、あくまでも都市伝説なので、そもそもポリビアスがあったのかどうかもわかりません。

MKウルトラ計画は自白剤やLSD、超音波などを使い、いかにして人間を洗脳できるか? そしていかに完璧な尋問をできるか?を研究してきた恐るべき実験と言われています。市井の人々は、ポリビアスを通して知らず知らずのうちにそうした個人情報を献上していたのかもしれません。

ゲームの内容はアタリの『テンペスト』(1981年)に近いそうですが、未だ詳細は不明。ですが少ない情報から、幻のポリビアスを復活させた男性がいるのです。



1976年に極秘だったプログラムが流出し、さまざまな業界がそれをネタ元にした作品を作りました。その例が映画『ウォーゲーム』や『スター・ファイター』だと言われています。

ポリビアスの存在は都市伝説となり、アニメ『ザ・シンプソンズ』にもチラっと描かれたほどマニアックな認知度を誇ります。これをプレイすると、発作を起こしたり記憶喪失に陥ったり、夜驚症に苛まれたりするのですが……何度も続きを遊びたいという欲求に駆られるようになる奇妙な中毒性を持っています。

だいたい2週間ほどで黒服の男たちがアーケードにやってきて、筐体の裏側を開いてはお金ではなくデータを持ち帰っていたとも言われています。そしてポリビアスが突如現れたのと同じように、2カ月ほどでまた突然なくなったのです。それ以降、誰もこの筐体を見かけた人は現れませんでした。

都市伝説めいた話題をポッドキャストしているブライアン・ダニング氏。いわく、ポリビアスの都市伝説には、いくつかの裏付けがあるそうです。

1つ目は1981年。ポートランドにてふたりの少年が、ゲーム筐体の前で倒れたこと。2つ目はその10日後、実際に政府がポートランドのゲームセンターから、ゲーム機を押収したと報道されていること。3つ目は政府によってゲームが訓練に使われていること。最後に『ポリ・プレイ』と呼ばれるゲーム筐体が存在し、すべて回収されたことが判明しています。

ゲーム筐体はさまざまな誌面で紹介され、すぐにいつ何があったのか調べることができます。ですがポリビアスだけは、どこにも記録がないそうです。なのでダニングは、ポリビアスは存在しなかったと結論づけています。

映像にある新聞記事から読み取れるように倒れた12歳の少年は、1979年のシューティング・ゲーム『アステロイド』を28時間プレイし続け、胃痙攣で倒れています。そしてゲーム機の押収は、オーナーが改造して違法賭博に使っていたとあります。いかにも都市伝説らしく、類似した事件がウワサの尾ヒレになっているわけですね。

一方、教師でもありアーケード筐体制作者でもあるポール・サンタクルーズ。彼は2007年に有志が創作したポリビアスのソフトに筐体をこしらえ、人々に「あれってもしかして?」と思わせる一台を完成させました。

2016年に開催されたZapcon IVにて出品された映像で、もうちょっと詳しくご覧ください。



グラフィックはレトロ調ですが、動きはかなり複雑。それに宇宙基地を破壊するには、基地に現れる数字と周囲に浮遊する物体の数字を合わせ、戦略的にプレイしなくてはいけません。さらには光過敏性発作を起こしそうな激しい明滅もあり、いかにも80年代のキッズがドハマりしそうなゲームとなっています。

それに筐体には市による許可証や説明書きが再現されていたり、誰かが勝手に貼った体で80年代に作られたステッカーが貼られているなど、使い古された雰囲気も再現されているこだわり様です。

新生『ポリビアス』は体調不良を起こさないとのこと。機会があればポートランドで一度プレイしてみたいですね。その際は、25セント硬貨をたくさん用意しないといけません。

Image: ゲッティ イメージズ
Source: YouTube(1, 2

岡本玄介

外部リンク(ギズモード・ジャパン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス