最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「S氏とK氏はモデルとSMプレイを……」水原希子も苦言を呈した大物写真家たちの“闇”とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アラーキー」の愛称で知られる大物写真家・荒木経惟氏にセクハラ・パワハラ疑惑が噴出した。発端はモデルのKaoRiさんが今月1日に更新したブログ。「その知識、本当に正しいですか?」のタイトルで、荒木氏から受けた性被害を告発している。

KaoRiさんは2001年から16年まで荒木氏の「ミューズ」としてモデルを務めていたが、撮影の際に同意書がなかったことや、ヌードの強要、無報酬の仕事もあったことを暴露。

「たくさんの人がいる前でわざと過激なポーズをとらせて、自分の手柄にするような言動をされたり、撮影と聞いてスタジオに行くと、自分のプロモーションのための取材撮影で、勝手に部外者を入れてヌード撮影を強いられたことも何度もありました」と被害を訴え、荒木氏から「娼婦」「マンションは買う必要のないレベルの女」「私生活は一切知らない」などと、言い放たれることもあったという。

この告白にInstagramのストーリー機能で同調したのが、人気モデルの水原希子。彼女自身も荒木氏のモデルを務めた経験があり、過去に男性役20人の前で上半身裸の広告撮影を強いられたことがあったという。水原はKaoRiさんのブログについて「この業界にいる若いモデル そして女性、男性にもこの記事を読んでほしい。モデルは物じゃない。女性は性の道具ではない」と述べた上で、荒木氏に対し「荒木さん あなたにとって女性とは一体何ですか?」と疑問を投げかけている。

某雑誌カメラマンによると「荒木さんのセクハラ・パワハラはこの世界では有名。性的関係を強要したり、衆人環視の元で女性を罵倒することで『俺はアラーキーなんだ。破天荒なんだ』とアピールする。泣き寝入りしているモデルはKaoRiさんだけではありませんよ」という。

荒木氏のみならず、俗に言う「有名写真家」は総じてモデルを“愛人”と勘違いし、食い物にしてきた。

「ヌード写真集で有名な超大物のS氏やK氏もバリバリの現役時代はモデルとSMプレイなどに興じていた。当時、無名のモデルはそうした洗礼を受けることが当たり前になっていたが、いまの時代は違う。若い写真家も育っているし、SNSが普及し『♯metoo』のようなムーブメントも起きている。これまでのようにはいきません」(同)

虚勢を張っている者ほど、本気で反発された時は弱いもの。荒木氏に至っては、こうした疑惑を突きつけられると「俺は病気でもうすぐ死ぬ」「目が見えないからわからない」と意味不明な釈明をすることもあったという。目が見えないのに、どうやって写真を撮るのか……。KaoRiさんの決意の告白は、しばらく波紋を広げそうだ。

外部リンク(日刊サイゾー)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス