最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

劇場版「ポケモン」ゲスト声優に芦田愛菜、川栄李奈、濱田岳、大倉孝二ら7人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
多彩な顔ぶれが結集
多彩な顔ぶれが結集
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・
TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Pokemon (C)2018 ピカチュウプロジェクト
 「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」のゲスト声優が発表され、芦田愛菜、川栄李奈、濱田岳、大倉孝二、野沢雅子、中川翔子、山寺宏一の出演が明らかになった。

国民的アニメ「ポケットモンスター」の劇場版シリーズ第21弾となる今作は、前作「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」のその後を描く。物語の舞台は、1年に1度の「風祭り」で盛り上がるフウラシティ。祭りにやってきたサトシとピカチュウは、ポケモン初心者の女子高生・リサ、ホラ吹き男カガチ、気弱な研究家トリト、ポケモン嫌いのおばあさん・ヒスイ、謎の少女ラルゴに出会う。5人はそれぞれに悩みを抱え、パートナーポケモンとの一歩が踏み出せずにいたが、仲間との出会いを機に、運命が大きく動き出す。

芦田、川栄、濱田、大倉、野沢は、サトシとピカチュウの新たな仲間となる5人の新キャラクターの声を担当。ラルゴ役の芦田は、「オファーを聞いたときは本当にうれしかったです」と喜びを述べ、「意志が強いけど、天真爛漫で優しいラルゴを演じることで、皆さまにも何か守りたいものがあるから頑張れる、強くなれるということが伝わればいいなと思っています」とアピール。リサ役を担う川栄も、「声のお仕事をさせていただく機会はそこまでないので、貴重なチャンスをいただけたことがうれしく、家でたくさん練習しています!!」と意気込んでいる。

ポケモン研究家・トリト役に挑む濱田は「ポケモンの社会現象を体験した世代なので、今回オファーをいただけた時は、思わず『やったー!』と叫んでしまうほど興奮しました」と“ポケモン愛”を爆発させ、カガチ役の大倉は、「まずはちゃんと映画にマッチできるよう、そして何よりもお子さんたちに喜んでいただけるよう、精一杯頑張っていきたいと思います」と意欲満々。そして、ヒスイ役の野沢は「参加することができ、とてもうれしく思っています。ポケモンは可愛い世界観で自分とはかけ離れていると思っていたので、まさか自分が!? と驚きました」と話している。

さらに、劇場版シリーズ12年連続出演の中川がリサの弟・リク、21年連続出演の山寺がラルゴの父であるオリバーに息吹を注ぐ。中川は、「今年もポケモン映画には新しい風が吹いていて、すでにワクワクしています!」と今作の展開に期待を寄せ、山寺は「20周年でポケモン映画卒業かと思っていましたが、今年も参加することができてほっとしました」「『もう山ちゃんいいよ…』と言われないように、演じ切りたいと思います!!」と茶目っ気たっぷりに呼びかけている。

なお公式サイト(http://www.pokemon-movie.jp)では、新ポケモンのゼラオラが登場する予告編が披露されている。「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」は、7月13日から公開。

外部リンク(アニメハック)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス