最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

麻美ゆまが「ウズウズしちゃう…」と大興奮!『孤狼の血』トークイベントに“ホンモノ”の男たちが勢ぞろい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5月12日(土)公開の『孤狼の血』を応援するため、3月18日、新宿ロフトプラスワンにて公開記念応援トークイベント「東映じゃけぇ、何をしてもええんじゃ~第一夜~」が開催され、このたびイベントレポートが到着した。

『孤狼の血』の舞台となるのは昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。県警本部から所轄署に配属された“キャリア組”の刑事・日岡(松坂桃李)は、暴力団との癒着が噂される大上(役所広司)とともに金融会社社員の失踪事件の捜査を担当する。しかし常軌を逸した捜査を行う大上に翻弄されつづけ、日岡は次第に暴力団同士の激しい抗争に巻き込まれていく…という物語だ。

玉袋筋太郎扮するクラブのマスターが、映画さながらの世界を実際に体験してきたゲスト陣から話を聞くという本イベントは、サブパーソナリティに麻美ゆまと映画コメンテーターの赤ペン瀧川先生を迎え、トークゲストには作家の宮崎学、元兵庫県警の飛松五男、NPO法人「五仁會」代表の竹垣悟、フリーライターの伏見敬、「TABLO」編集長の久田将義、フリーライターの藤木TDCが登壇した。

メインパーソナリティの玉袋は映画の感想を聞かれると「血湧き肉躍るというか、見事だったねこの映画は!」と大興奮。麻美も「過激な描写にウズウズしちゃう私、大丈夫かな(笑)」と映画を絶賛する。

映画のキャッチコピー「警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ」にかけた、本イベントのタイトル「東映じゃけぇ、何をしてもええんじゃ」という玉袋の掛け声とともにイベントがスタート!最初に登場したのは、元・兵庫県警の飛松五男だ。常に捜査の第一線で活躍し、ある事件では単身で暴力団事務所に突入するなど、数々の功績と逸話をもつ飛松は「すごい映画ですよ、ブルブルしました」と語り、劇中で役所が演じるマル暴刑事・大上の横暴な捜査に対しても「当たり前に起きていましたよ」とコメント。暴力団対策法成立直前という、映画と同じ年代を駆け抜けた飛松だからこそ語れるぶっちゃけトークで早くも場を沸かせた。

会場の火照りが冷める間もなく次に登場したのは、フリーライターの伏見敬と「TABLO」編集長の久田将義。「実話ナックルズ」の編集長を務め、実際に取材した広島の暴力団に脅された経験もあるという久田は「映画はとてもよかった。(監督の)白石さんらしくて、絶対に観るべきだと思います」と、劇中で描かれる広島の暴力団の迫力やリアルさに太鼓判を捺す。

それぞれの実体験に基づくディープな前半が終了したあとは、藤木TDCによる“昭和風俗のコーナー”がスタート。「スナックで歌いたいT-POP ベスト5」と題し、藤木自身が選んだ東映出身俳優の曲や東映映画で使用された曲=東映ポップ(T-POP)をランキング形式で紹介していく。高倉健の「網走番外地」や、菅原文太の「関東テキヤブルース」、若山富三郎の「極悪坊主」などを、ジャケット写真と共に小ネタや蘊蓄を挟みながら紹介し、観客の笑いを誘った。

そしてトークイベントの後半には作家の宮崎学、NPO法人「五仁會」代表の竹垣悟が登壇。自身の壮絶な半生を綴った「突破者」など、警察の腐敗追及やアウトローの世界をテーマにした執筆活動を続ける宮崎は「良かったです。とても懐かしかったです」と作品をベタ褒め。史上最悪の暴力団抗争とも言われる“山一抗争”に精通するといわれ、元竹中組の組長秘書を務めた竹垣は「迫力ありました!感激しましたね、まさに当時をそのまま映画にしたよう」と真に迫る発言で会場をどよめかせた。

その時代を実際に生きてきた者だからこそ語れるハードなトーク内容で超満員の会場は熱気の渦に巻き込まれ、その盛り上がりゆえに予定時間を30分もオーバーするという大盛況でイベントは終了した。

“本物”を知るゲストが地上波NGのトークを繰り広げる、まさに“何でもあり”の本イベント。第二夜は4月15日(日)に、第三夜は5月10日(木)に同じく新宿ロフトプラスワンで開催が決定している。公開まで1か月、盛り上がっていく『孤狼の血』から目が離せない!(Movie Walker・文/編集部)

https://news.walkerplus.com/article/143299/

外部リンク(Movie Walker)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス