最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

松崎しげる&ダイアモンド✡ユカイが往年の名作映画音楽を熱唱!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
角川映画黄金時代の幕開けを飾った、初期の大ヒット作品、横溝正史原作の「犬神家の一族」(1976年)、森村誠一原作の「人間の証明」(1977年)と「野性の証明」(1978年)の名場面を見ながら、映画音楽を生のオーケストラ演奏で楽しむシネマ・コンサートが、4月13日(金)、14日(土)に、有楽町・東京国際フォーラムで開催される。

3作品のサウンドトラックを手掛けた映画音楽界の巨匠・大野雄二が、本公演のために特別編成した総勢約50人のスペシャル・オーケストラ・バンドを引き連れ、自らステージで演奏する贅沢なイベントだ。そして、今回のイベントで「人間の証明のテーマ」、「野性の証明」のエンディング曲「戦士の休息」を歌うのは松崎しげるとダイアモンド✡ユカイ。オリジナルのボーカルを務めたジョー山中、町田義人に匹敵するアーティストを、という大野雄二自らの思いで選ばれた2人だ。

また、大野雄二率いる“SUKE-KIYO”オーケストラのメンバーに、ピアノの先祖とも言われる珍しい楽器ハンマーダルシマーを演奏するアーティスト・MiMiが参加。「犬神家の一族」のテーマ曲「愛のバラード」のあの有名な主旋律にはダルシマーが使用されており、このダルシマーによる生演奏までもが完全に再現される。本公演ではオリジナル楽曲の実演と共に随所に大野自身により新たに大胆なジャズアレンジも施される予定で、本公演でしか見ることの出来ない大迫力の即興も交えた生演奏に期待が高まる。

さらに、大野雄二と高校から大学まで同級生で、金田一耕助を演じた石坂浩二がゲストとして登場。貴重な2ショットトークを展開。会場ロビーでは「角川映画ギャラリー」と銘打たれた特別展示もあり、実物そっくりのスケキヨ像や公開当時のポスター、メイキング写真など、角川映画ゆかりの品々が展示されるなど往年の映画、音楽ファンには見逃すことのできないイベントとなっている。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/143401/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス