生田斗真と瑛太、意味深2ショットが示す複雑な関係とは 映画『友罪』場面写真&メイキング映像を解禁 

SPICE

2018/4/11 18:00


5月25日公開の映画『友罪』から、場面写真とメイキング映像が解禁された。

映画『友罪』は、ミステリー作家・薬丸岳氏の同名小説を生田斗真と瑛太のW主演で映画化した作品。元ジャーナリストの益田(生田斗真)が、他人との交流を頑なに避ける男・鈴木(瑛太)と交流していくうちに、鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の加害者“少年A”なのではないか?と疑いを抱いていく……という物語だ。メガホンをとるのは、『64 ロクヨン』の瀬々敬久監督。

解禁された場面写真では、 心を許し、親友に対する疑念に苦しむ益田(生田)の肩に、鈴木(瑛太)が優しく手をかけ静かに微笑む姿をとらえたもの。元ジャーナリストとしてではなく、親友として、同じく心に罪を抱えた者として、鈴木の気持ちを知りたいと願っていた矢先に、あるきっかけで鈴木の存在を蔑ろにしてしまい、涙を浮かべて「ごめん……」と謝るシーンだという。意味深な2ショットは、どんな関係を表すのか。


また、解禁されたメイキングは、劇場ロビー用特別映像に収録されているもの。瀬々監督のもと、生田は緊張感漂うシーンの撮影中、益田が抱える様々な葛藤に共鳴し、涙が止まらないこともあったという。生田は、「益田という人物も、友人の鈴木と同様に過去の罪を背負って生きている。一筋縄ではいかないキャラクターだったと思います」とコメント。瑛太は、「罪を背負いながらも、償うということが分からない人間でも映画の2時間くらいの中で変化していく。それは、自分の中で作っていきたいと思いながらやっていた」と振り返る。

映画『友罪』は、5月25日(金)より全国ロードショー。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ