生田斗真×瑛太W主演「友罪」特別映像解禁『友達なら教えてくれよ…何やったのか』

ザテレビジョン

2018/4/11 18:00

瑛太・生田斗真がW主演を務める、5月25日(金)公開の「友罪」より、劇中カットと特別映像が解禁された。

同作は、ミステリー界の旗手・薬丸岳が2013年に発表し、神戸児童連続殺傷事件をほうふつとさせて話題を呼んだ同名小説を映画化。

メガホンを取ったのは、「64-ロクヨン-前編/後編」(2016年)などヒット作を連発する瀬々敬久監督。今回は主演2人に加え、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子ら日本映画界を代表する名優が集結した。

ある町工場で働き始めた、元週刊誌ジャーナリストの益田(生田斗真)と、他人との交流をかたくなに避ける鈴木(瑛太)。共通点は何もない二人だが、同じ寮で暮らすうちに少しずつ友情を育てていく。

そんな折、彼らが住む町の近くで児童殺人事件が起こり、世間では17年前に日本中を震撼させた凶悪事件との類似性が指摘される。

当時14歳だった犯人の少年Aはすでに出所しており、その後の行方を知る者は少ない。

驚きと疑問に突き動かされ、ネットに拡散していた少年Aの写真を見た益田は愕然とする。そこにはまだ幼さの残る鈴木が写っていた。

かつて世間を震撼させた事件を起こした少年Aの”その後”と周囲の人々の葛藤。

それぞれの過去と現在が絡み合い、疑心や後悔に囚われた様々な人間模様が交錯し、やがて人間存在の謎に満ちた深みへと導く、ヒューマンサスペンス。

解禁された劇中カットでは、そんな答えのない友情にもがき苦しむ益田に、優しく手をかけ静かにほほ笑む鈴木の姿が映し出される。

元ジャーナリストではなく、親友として、そして同じく心に罪を抱えた者として鈴木の気持ちが知りたいと願っっていた矢先、ある些細なきっかけで不本意ながら鈴木の存在を蔑ろ(ないがしろ)にしてしまう益田。

俯き、涙を浮かべ「ごめん…」と謝る益田に鈴木は何も語らず、肩にそっと手をかける。二人が醸し出す空気感から単なる友人関係を超えた2人だけの深層に潜む、純粋な友情が垣間見える1枚だ。

併せて解禁された、劇場ロビー用特別映像に収録されたメイキング映像では瀬々監督と共に真剣な表情で撮影に挑む生田斗真と瑛太の姿が。

緊張感漂うシーンの撮影中、益田が抱える様々な葛藤に共鳴し、自然と涙が止まらないことがあったという生田は「益田という人物も、友人の鈴木と同様に過去の罪を背負って生きている。一筋縄ではいかないキャラクターだったと思います」と語る。

続く瑛太も「罪を背負いながらも、償うということが分からない人間でも映画の2時間位の中で変化していく。それは、自分の中で作っていきたいと思いながらやっていた」と振り返る。

そして監督は「直観的な瑛太さんに対して、生田さんはテストから本番へ役を仕上げていく。そういう、ある意味存在として真逆な2人が化学反応を起こしている瞬間を、現場では何度も見ることができ、それは良い時間でした」と充実した撮影当時を語った。

また各界から絶賛コメントも到着。

■ 久米宏 コメント

人の、罪の意識や絶望に想いを馳せる能力は、希望を理解する力と同じものかも知れない。

人間の絶望や、あまりにも深い悲しみを理解するということは、自分の生きる勝ちを分かることに繋がるという希望を持ちたい。

最後の数分間に魂を揺さぶられる。

■ 松崎健夫 コメント

相手が本当に友達なのかが不確かであるように、心の傷もまた相手にとって不確かであるという深淵を「友罪」は直視させる。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/143327/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ