高橋みなみ、AKB48をマックに例える

AKB48のメンバーで総監督も務めたタレントの高橋みなみ(27歳)が4月11日、都内で開催された「ビッグマック50周年キャンペーン発表会」に出席。報道陣の前で新商品の「ビッグマック ベーコン」を頬張り、「衝撃。めちゃくちゃ美味しい」と絶賛した。

この日、俳優の渡部篤郎(49歳)とともに登壇した高橋は「マクドナルドで新商品が出たらすべていただきます」とした上で、ビッグマックは「かなり特別な存在」と表現。「日頃だとダブルチーズバーガーセットをいただくんですけども、ちょっとお仕事がうまくいったりすると頼むんです。あのボリューム感というか、『きたぞ!』って感じがしますね」と興奮気味に語り、ビッグマックが自分への“ご褒美”の役目を担っていることを明かした。

また、MCの「ビッグマックはマックの“リーダー”と言っても過言ではありません」という発言から、“リーダー”つながりで自身とビッグマックの共通点を問われると、「やっぱりマクドナルドさんって新商品がたくさん出るじゃないですか? AKB48もかなり頻繁に新メンバーが入ってくるというところも共通点ですし、私もう卒業しているんですけども、自分の中で一本芯として変わらないっていうことをテーマに掲げているので、そういう意味ではずっと変わらないっていうところがビッグマックと一緒なのかな」と持論を述べた。

さらに4月8日に27歳になったことをドナルドらに祝われると、「27歳ってちょっと女性としてもいいゾーンに入ってきたかな」と、ここで“素敵な女性になりたい”宣言。「長く愛されるようになりたい。ビッグマックのように」と笑顔で語り、最後は「ぜひパワーアップしたビッグマックをみなさん食べてみてください」とアピールした。

あなたにおすすめ