歴代最大のゴジラが“パシリム”の新世代イェーガー軍団と邂逅!特撮ファンが夢見た激アツのスぺシャルコラボが実現

Movie Walker

2018/4/11 17:00

ゴジラ映画史上初のアニメ―ション映画「GODZILLA」三部作の第2章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』が5月18日(金)公開となる。 先日、本作の新キービジュアルが解禁。新キャラクターである第4の種族“フツア”の双子姉妹・マイナとミアナや、歴代最大のゴジラ“ゴジラ・アース”、新たな姿で描かれた“メカゴジラ”たちの更なる大決戦が予感され、公開を前に多くの憶測が飛び交っている。

そして、ハリウッド発の“KAIJU映画 ”として2013年に公開されるや、全世界で約4億ドル(約440億円 )を超える興行収入を記録、ハリウッド発信の新たな怪獣映画として、映画史に名を刻んだ『パシフィック・リム 』。その続編『パシフィック・リム:アップライジング』がいよいよ4月13日(金)に公開となる。

この度、『GODZILLA 決戦機動増殖都市』と『パシフィック・リム:アップライジング』とのコラボレーションが実現。“ゴジラ・アース”と『パシフィック・リム:アップライジング』に登場するジプシー・アベンジャー、セイバー・アテナ、ブレーサー・フェニックス、ガーディアン・ブラボ、4体の新生代イェーガー軍団が、いまにも激突しそうな大迫力のイメージイラストに!

スペシャルなコラボビジュアルを手掛けたのは、人気アニメ「マクロス ゼロ」、「マクロスF」、「マクロスΔ」シリーズや「創聖のアクエリオン」シリーズのメカニカルアートを担当する他、「機動戦士ガンダム」シリーズのプラモデルのボックスアートを長年務め、近年では「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズや、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)以降のボックスアートも手掛けるイラストレーターの天神英貴。

今回の依頼について天神は「これは責任重大」としたうえで「苦悩の本質は外見的な姿を描く以上に、その歴史とも言うべき精神世界を、いかに1枚の限られたスペースに存在させられるか、そしてエネルギーに満ちた絵になるかということなのだが…さて、そんなわけで、人生でこんなに楽しいイラストの挑戦はそうそうあるものじゃないのです」とコメント。

特撮ファンなら一度は想像したことがあるであろうイェーガーとゴジラとの邂逅という夢のコラボレーション。この激アツなスぺシャルコラボが、両作品への期待値はさらに上げることは間違いないだろう。

静野孔文監督コメント

アニメゴジラもパシリムも「怪獣映画」の側面もありながら、それに対峙する「人間ドラマ」が魅力的に描かれている作品だと思います。そんな作品同士が海を越えてコレボレーション、いつかスクリーンで本当に見てみたいですね。

瀬下寛之監督コメント

魂ネイション2017の会場でスティーブン・S・デナイト監督(『パシフィック・リム:アップライジング』の監督)に会った際に彼から感じた感覚…それは、「好きだゴジラ!好きだ怪獣!好きだ巨大ロボット!」です。そんなデナイト監督作品とコラボできて最高です!(Movie Walker・文/編集部)

https://news.walkerplus.com/article/143365/

あなたにおすすめ