最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

小倉優香「私の好きなタイプの男性は、売り切れているのかな」ズバリ本音で美女トーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 写真週刊誌の表紙に人生初のバニーガール姿で登場した小倉優香さん。最新出演映画の舞台裏やブレイク後の生活、オンやオフで実現したい夢などを聞いた!

■映画『人狼ゲーム インフェルノ』に出演

――今回出演された映画『人狼ゲーム インフェルノ』は、若者に人気の映画『人狼ゲーム』シリーズの最新作。タイトルにもある実在のゲームがモチーフになっています。参加者は人狼と村人に分かれて会話から人狼を探し出すというゲームですが、ご存じでしたか?

小倉 はい。高校生のとき、友達みんなで集まってやったことがあります。勝ったときはもちろんうれしいんですけど、それ以上に、本当は人狼だった人が全然怪しくなかったりとか、心理戦の部分に面白さを感じましたね。

――なるほど、盛り上がりそうですね。本作は今年1月から放映されたドラマ『人狼ゲーム ロストエデン』の続編で、小倉さんは主人公・野々山紘美(武田玲奈)のクラスメイト・向亜利沙を演じています。どんな役作りをしましたか?

小倉 最初、台本を読んだとき、亜利沙がどんな子か分からなくて。でも、他のメンバーと比べたら目立たないというか、泣かない、笑わないんだなと台本から読み取って、それを意識して演じていました。

――おおっ、すごいです。映画はラストまで息が抜けない展開でしたが、現場の雰囲気はどうでしたか?

小倉 上下関係もなくて、みんなクラスメートみたいな感じで仲良しでした。空き時間中はゲームをしたり、おしゃべりしたり。でも、誰が人狼かを投票で決めるシーンの撮影の直前は、みんな台本を読み込んで、静かにしていましたね。

――オンとオフの切り替えが早い。さすがですね。

小倉 ただ、撮影時間がグチャグチャで、1回撮ると次の出番まで5時間ぐらい空くこともあって。そういうときはひたすら寝るようにしていました(笑)。

――そういえば、ご自身のツイッターに「寝てばかりの私」というタイトルで、撮影現場での寝姿の写真がアップされていましたね。

小倉 アハハ(笑)。あと私の場合、途中で他の仕事をこなすために上京して、また戻ることがあったので、そのときに亜利沙に戻るというか、また役に入り込むのは大変でしたね。

――そうですか。演技以外で苦労したことはあった?

小倉 私、グルテンフリーなんです。

――グルテンフリーって、小麦食品を避ける食生活のことですよね。

小倉 はい。なので、撮影中の食事がロケ弁とかじゃなくて、給食のような形で食堂で食べる感じだったんですけど、夕食のメニューが揚げ物とかうどんだったりすると、その日は食べられなかったんですよ。

――そういうときは食べずに撮影に挑んだの?

小倉 そこの自販機で売っていた(スナック菓子の)じゃがりこを買って、それを食べて空腹を凌ぎました(笑)。

■『ヤングマガジン』のグラビアでブレイクして

――アハハ、たくましい。今回の映画の撮影もそうなんですけど、青年コミック雑誌『ヤングマガジン』(講談社)のグラビアでブレイクしてからの約1年でいろいろ経験して、ご自身の中で変わったことってありましたか?

小倉 自立できるようになりましたね。昨年、高校を卒業したんですけど、高校時代はふとした瞬間に、誰かいないとダメなタイプだったんです。すぐ連絡して遊びに行ったりとか、仲の良い友達のところに泊り込んだりして、ずっとダラダラしていて(笑)。

――高校生の頃って、みんな、そんなもんですよ。

小倉 で、帰ると寂しくなってまた行っちゃうとか。そいうのが今はなくなりましたね。むしろ、一人の時間が欲しくて、誰ともいたくないって感じですね。

――以前は寂しがり屋だったんだ。

小倉 う~ん、依存タイプというほうが的確かな。

――今は友達から「ファミレスにいるから一緒にご飯食べない?」ってメールが来ても……。

小倉 行かないですね。むしろ、早く寝ようって思うぐらい(笑)。ホント、最近は夜10時ぐらいには寝てるんですよ。

――10代とは思えない(笑)。でも、すごく健康的ですね。

小倉 そうなんです。そのほうが気持ち良くなっちゃって。夜は起きていたくないって感じですね。以前は「若さがもったいないからもっと遊ぼう」って思っていたんですけど。最近は若さをたくさん使わなくても、無駄にしているってことにはならないかなって思って寝ています。

――起きるのは何時頃?

小倉 最近は仕事も朝が早いので、朝5~6時には起きているから、なんかおばあちゃんみたいなんですよ (笑)。オフの日も朝8時には起きて、洗濯したり買い物に行ったりしています。

■写真集を出したい!

――忙しいのにキッチリ家事もこなされているんですね。現在、19歳ですが、10代のうちにやっておきたいことを3つ挙げるとしたら?

小倉 写真集を出したい。出していないんですよ~。

――そういえば、まだでした。2つ目は?

小倉 写真集に絡んでいるんですけど、(写真集発売記念などの)自分のイベントをやりたいですね、映画の舞台挨拶とかは経験あるんですけど。自分のファン層って、どの世代なのか分かっていないので、実際にイベントでファンの皆さんに会ってみたいんです。

――最後に、3つ目は?

小倉 一人でアメリカ旅行してみたいです。アジア圏は行ったことがあるんですが、アメリカとヨーロッパは危ないからダメって友達から何度も止められて。

――なんで?

小倉 以前、台湾に行ったときに、知らない人のバイクに乗せてもらったことがあって。

――ええっ、それは危ない。

小倉 友達からも、優香はそういうことするから、そのうち死んで帰ってくるよ。そういう国(アメリカやヨーロッパ)には行っちゃダメって言われているから、行けないんです(笑)。

――お友達が心配するのも分かります。どんな国ならOKがでるんだろう?

小倉 アジア圏かなぁ~。でも、アジアも危ないところもあるし。ほほ笑みの国・タイとか……。

■ゲッターズ飯田に占ってもらったら

――そういえば、10代でやっておきたいことじゃないですが、以前、別のインタビューで占い師のゲッターズ飯田さんに会いたいとおっしゃっていましたね。

小倉 会えました。テレビ番組の収録でご一緒させてもらって、名前を変えたほうがいいのかとか、仕事運とか占ってもらったんです。

――名前を変える?

小倉 小倉優子さんに似ているので(笑)。スタジオ裏でプライベートのこともいっぱい聞いちゃいました。

――それは、気になりますね。差し障りのない範囲で教えてもらえませんか?

小倉 そうですね~、男性運も占ってもらったら、最終的には周りの男に落ち着くはずですと言われたんです。思い当たる人がいるはずですって。

――それは聞き捨てならないですね。

小倉 それで気になったので、誰だろうって思ってLINEをメッチャ見たんですけど、誰もいないみたい(笑)。いつか現れてくれることを信じてます。

――昨年7月にこのインタビューページに出ていただいたときに「男性は中身が大事」とおっしゃっていましたが、年齢的には年上と年下、どちらが好みですか。

小倉 もちろん、年上です。

――何歳までOK?

小倉 (上限となる)年齢はないです。

――よくありがちなのが、自分の父親の年齢がボーダーラインになりますね。

小倉 そういう話をよく聞きますけど、その理由が分からないです。でも、自分の父親より上となると、私の場合、60歳近くになるから、ほとんどの人が結婚しているだろうし、恋愛対象には成りえないんじゃないかな。こんな小娘を相手にしないと思うし(笑)。

――そんなことはないと思いますよ。

小倉 私のことを好きとか想ってくれるというより、ただ単に若い子が好きなんだろうなって思っちゃうかも(笑)。だから、あんまり年齢が離れていると恋愛しようとは思わないですね。私の好きなタイプの人は売り切れているのかなって感じです。

■ドラマや映画など、演技の仕事をもっとしたい!

――なるほどね。確かにそうかも。時間も残り少なくなりました。最後に今後の抱負を聞かせてください。

小倉 グラビアはもちろんなんですけど、ドラマや映画など、演技のお仕事をもっとしたいなと思っています。私の場合、キャリアがグラビアからスタートしたので、セクシーな女子大生みたいな役が今は多いんです。将来的には演技力を磨いて、そういうのに関係無くいろんな作品に出られればなって。そういう意味では今回の『人狼』のオファーをいただいたときはすごくうれしかったんです。なので、今後も応援のほどよろしくお願いします。

お疲れの中、丁寧に取材に対応してくれた小倉さん。女優として活躍する彼女は最高ですが、本誌としては今後とも、セクシーなグラビアも期待しております。

小倉優香(おぐら・ゆうか)1998年9月5日、千葉県生まれ。T167-B87W59H89。AB型。昨年4月発売の『週刊ヤングマガジン』(講談社)の表紙、巻頭でグラビアデビュー以降、たちまちグラビア界を席巻。また、ドラマや映画、バラエティ番組などで活躍し、千葉県船橋市の観光PR動画『船橋市役所 特案係』(第8話)に登場。現在、カー用品販売とカーメンテナンスを手がける『ジェームス』のWeb広告にも出演中。

この記事の全ての写真はこちら


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス