関東 嵐のち暑さ 東京で夏日も

日直予報士

2018/4/11 16:43

水曜日は、南風が吹き荒れ、春の嵐となっています。この嵐のあと、木曜日は関東は暑いくらいに。

●吹き荒れる南風

関東は南風が強まっていて、電車の遅延や高速道路の速度規制など、影響が出ています。建物の中にいても、ビュービューと風の音が聞こえるくらいで、外では風に向かって歩くことが難しいほどです。この強い風は、午後6時頃までがピークですが、そのあとも、まだ風の強い状態が続きそうです。

●強い風が収まり、暑くなる

木曜日は、明け方まで南風がまだ強め。そのあとは、徐々に弱まるでしょう。そして、広い範囲で安定した晴れの天気となり、日中は暑いくらいになりそうです。予想最高気温は、東京で25度、熊谷市は26度です。冒頭の東京の気温カレンダー(2日~11日は実況、そのあとは予想。赤字は最高気温、青字は最低気温)を見ると、東京では、4日の26.2度に続いて、12日木曜日は25度の予想で、今年2度目の夏日になる可能性があります。前線が通過したあとで、カラッとした空気に入れ替わりますが、爽快とまではならないでしょう。眩しいくらいの日差しが降り注ぎ、体で感じる温度は、実際の数字以上となりそうです。体が暑さに慣れていない時期ですので、定期的に水分を摂るなど、体調を崩さないよう、ご注意ください。

●この先の気温は、この時期らしく

東京では桜が満開になった頃から、暖かい日(暑い日も)が多くなっていますね。「寒の戻り」もなく、朝の冷え込みも強くありません。この先はどうなるかというと、しばらく暑くもなく、寒くもなくといった感じで、穏やかに晴れる日は快適でしょう。ただ、天気は比較的短い周期で変わり、次の土日は風が強く、日曜日は雨も加わって大荒れとなる恐れがあります。最新の気象情報をご確認ください。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス