最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

キャバ嬢・ホステスと付き合いたい大人の作法「店カレ」とは何か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


― 木村和久の「オヤ充のススメ」その205―

女性が接客する店、キャバクラやクラブで交際を開始すると、分別のある大人は「店カレ」という役になります。そのほうが何かと都合がいいからであり、お互い深入りしたくない場合は「店カレ」という立ち位置で、全てまるっと世の中が収まるのです。

今回はその「店カレ」のシステムとメリット、デメリットを紹介します。ただ、その前に基本的な部分で勘違いをして欲しくないのは、「男女の関係」がある場合のみを「店カレ」と言います。

だから、熱心なお客さんがそういう関係もなく「俺たち毎週会っているんだから、つきあっているよな」と言えば、「当たり前じゃない、もう家族同様よ。なんならスマホの家族割りでも加入する?」とホステスが答えるのは、単に引っ張っているだけのこと。その後、1年くらい延々と客は引っ張られ「誰も理解してくれないけど、男女関係なしでも恋愛は成り立つんだよ~」という境地に、辿り着けばしめたもの。誰にも迷惑をかけずに一生を終えますから、それはそれで幸せかもしれません。

通常、店カレとなる場合は、とりあえずお客さんがキャバ嬢やホステスに好意を寄せ始める。そこから「指名」や「同伴」「アフター」というシステムを利用して親睦を深めます。一般的には2~3か月ぐらいして何かアクションが起こります。今、知り合ったのなら、夏の花火シーズン「屋形船で花火を見るけど、行かない?」と客が誘えば「でも、その日は日曜でお店休みだし~」「いいじゃないか。別の日に、ちゃんと同伴してあげるから」と店外デートになれば、ちょっとは浮かれた気持ちになるでしょう。

花火大会終了後の行動は知りません。分別のある大人なら飲み直しで、どこぞのホテルのレストランにでも行き、その後は流れに任せるか? あるいは何もないかもしれません。そんなことを繰り返しつつ、いよいよ「一線を越える」ことになります。

そこで通常の店カレとしての取り決めはこんな感じです。

何度も「ヤリ逃げ」されているホステスなら、こう言うはずです。「そういう関係になって、気が済んで来ないお客さん、結構いるんだよね。あなたは違うよね」「あったり前だろう。俺はあの店じゃ、彼氏なんだから。彼女の仕事ぶりを見るのが務めだし」「あ~ん、嬉しい」となるのです。

もちろん「店カレ」は二人の秘密ですが、すぐに店内でバレます。

これは「枕営業」とどこが違うの? と聞かれますが、あくまで「店カレ」は、現金の受け渡しをせずに彼氏としてしばらく店に通うのです。ホステスの営業は店周りです。お客は高額なボトルやシャンパンを入れて、売り上げを補強し、イベントや誕生日にはプレゼントでプッシュします。現金を渡さないのが「店カレ」のプライド。現金をもらわないのが「店カノ」のプライドとなります。

これが銀座などの高級クラブの営業は「枕営業」要素が多少入り、具体的な取り決めをします。

「してもいいけど、どれぐらい通ってくれるの?」

「そうだなあ、月2回でどうだ?」

「少ないよ~」

「こっちは、忙しいんだよ」

「じゃ来たら、必ずシャンパンね。白(普通のお値ごろのやつ)でいいから」

「参ったな、まあ仕方ないか」

ほかお客さんは会社経営者が多いので、マンションを社員寮扱いにして家賃を無料にしたり、接待で複数連れて行くからと言って、売り上げに貢献したりと、何十万円もお金が動きます。

もちろん現金が一番いいのですが、このご時世、現金は領収書で落ちない、一番やっかいなもので、なかなか出にくいのです。逆を言えば、現金をプレゼントしてくれるお客さんが、一番モテることになりますけど。

こうやって店カレとなった場合、お互い大人の分別としてプライベートには一切干渉しないこととなっています。だから、ホステスが昔馴染みの高校の同級生とつきあったり、同棲していてもそれは構わないのです。正直に言う場合もあるし、詮索をしないという取り決めもあります。

ただ店の中で、ほかのお客さんとデキてしまったとなると、店カレのプライドが傷つきトラブルとなります。そこらへんは、ホステスの腕次第ですから、いかようにも弁解ができます。

「世の中には、知らない方が幸せ」がいっぱいあるのです。

逆に客が、同じ店で、ほかの若いホステスを気に入ったりすると、情報が漏れて、大騒ぎになります。こういう場合、ホステス側の逆上が怖いです。「新人のコから、連絡先聞いたでしょ。どういうこと?」って詰問され、新人は「泥棒猫」扱いとなります。この場合も、怒っているのは「浮気」部分じゃなくて、「売り上げ」が減ることで、面倒くさいから、とりあえず怒っておけとなります。

しっかりと「担当制」が決まっている名門の店では、ヘルプのコに連絡先を聞くと「それはできません」と、言ってくる場合があります。というわけで、店カレは店の中での彼氏であり、そこでの浮気やトラブル、刃傷沙汰を起こしてはいけないのです。

これが古き良き水商売で、ありがちな交際のお話です。

現代では、プロの水商売のコが減り、半年や1年足らずで辞めるコがいるので、店カレなんてことは起こりにくく、むしろ、店を辞めてから「外キャバ」として個人営業を行う女性が増えてきました。今流行りの「ギャラめし」「ギャラ合コン」ですよね。1回ゴハンを食べて、1万円もらうとかね。人間、何もせずとも個人的にお金をもらうと、どんどんエスカレートしていきます。そこが怖いところです。

「ゴハン食べて1万円なら、チューしたら幾ら?」

そういう話をすると、前川前事務次官に説教されますよ。店カレは出費がかさむけど、あくまで現金のやりとりはなしで、スマートに恋愛をする。それがダンディズムですって、ほんまかいな。

【木村和久】

トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦。著書に『50歳からのかろやか人生』

外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス