最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“説得力”を身につける方法――佐藤優がしている中学レベルの勉強

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【佐藤優のインテリジェンス人生相談】

“外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロが、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

◆佐藤さんのような説得力を身につけたい

キング(ペンネーム) 会社員 男性 48歳

どうしたら佐藤さんのような説得力が身につきますか。相対的な相談内容に対してさまざまな文献を巧みに引用し、それらを膨大な量からマッチさせ、決定された尺に収められる技術を、拝見しては感心しております。

当方、中間管理職で僅かな部下を抱えており、少しでも徳のある指導ができる人間になれればと思い、あつかましくも相談させていただいた次第です。よろしくお願いします。

◆佐藤優の回答

説得力をつけるためには、読む力をつけることです。外国語学習の場合を考えてみましょう。

読む、聞く、書く、話すという4つの力のうち、読む力が残りの力の天井を定めます。母語(私たちの場合、日本語)に関しても、専門的な事柄については、読む力が能力の上限を定めることになります。もっとも小説家や学者の場合、書く力が他の力を、芸人の場合には、話す力が他の力を凌駕します。こういう特別の人たちを除けば、説得力をつけるためには読む力を向上させることが鍵になります。

日本人の読む力(読解力)が低下していることに、国立情報学研究所の新井紀子教授が警鐘を鳴らしています。新井先生は東京大学の入学試験を突破できるロボット、いわゆる「東ロボ」の研究をする過程で、中高校生の読解力が不足していることに気づきました。その実態についてこう述べています。

===============

高校生の半数以上が、教科書の記述の意味が理解できていません。これでは、8割の高校生が東ロボくんに敗れたこともうなずけます。記憶力(正確には記録力ですが)や計算力、そして統計に基づくおおまかな判断力は、東ロボくんは多くの人より遥かに優れています。

このような状況の中で、AIが今ある仕事の半分を代替する時代が間近に迫っているのです。これが、何を意味するのか、社会全体で真摯に考えないと大変なことになります。(中略)中高校生の読解力があまりに低い実態を訴えている理由は、この子たちが中学校を卒業するまでに、なんとしてでも教科書が読めるようにしないと、少子化に突き進んでいるのに移民は頑なに受け入れたくないという日本は、とんでもないことになるからです。

日本は欧米に羨まれる画期的に低い失業率を達成しています。それを維持するには、最低限、作業マニュアルや安全マニュアルを読んで、その内容を理解する必要があります。そのためには、教科書が読める読解力が是非とも必要なのです。

(『AI vs.教科書が読めない子どもたち』228~229頁)

===============

説得力をつけるためには読む力をつける。読む力をつけるためには、中学生、高校生レベルの教科書を正確に読めるようにすることが必要です。しかし、どうすれば読解力がつくかという処方箋はないと新井先生は言います。私もさまざまな試行錯誤をしています。

現在は公文式の教室に通って、中学レベルの国語をやり直しています。

記述式の問題集を解いていく過程で、読解力は着実に高まっていくと思います。いずれにせよ、読み方を教えてくれるよい先生や先輩、友人との出会いによって、人格を通して学ぶことで、読む力がつきます。読む力がつけば、それを書く力、話す力に転換して説得力を強化することはそれほど難しくありません。

急がば回れということわざの通り、説得力をつけるためには中学レベルの教科書を正確に読む能力を身につけることから始めるといいでしょう。

今週の教訓

私は現在、公文式の教室に通っています

【佐藤優】

’60年生まれ。’85年に同志社大学大学院神学研究科を修了し、外務省入省。在英、在ロ大使館に勤務後、本省国際情報局分析第一課で主任分析官として活躍。’02年に背任容疑で逮捕。『国家の罠』『「ズルさ」のすすめ』『人生の極意』など著書多数

※『佐藤優のインテリジェンス人生相談』は週刊SPA!にて好評連載中


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス