最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

#88 「この人、なんか違う」と婚活相手に感じたワケ【40代編集長の婚活記】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


44歳で婚活を始めて1年半。6人の男性とデートするも、いまだお付き合いすら始まったことのないOTONA SALONE編集長アサミ(45歳・未婚・独身・恋人いない歴8年以上)。

婚活アプリで知り合ったメガネさん(45歳)に好感を持ちはじめていたけれど、シングルファーザーであることが判明。まだお付き合いすら始まっていないのに、子供が私をどう思うかも知りたいと……。

これは40代独女の「実名 顔出し」( https://otonasalone.jp/author/editor-e-a/ )で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

会話は平行線のまま




メガネ「僕の生活のベースには子供がいるので……。最近、改めて子供には母親が必要だなと思ったので」

アサミ「え……」

メガネ「なんていうか、子供たちがアサミさんをどう思うかっていうのも無視できないんです」

母親……。あぁ、そうよね。シングルファーザーであるメガネさんにとっては婚活相手探し=子供の母親探しでもあるわけだ。

なんとなく、メガネさんとこれ以上話しても何も変わらない気がした。私のスタンスも変わらないけれど、彼のそれも変わりそうにない。

アサミ「すみません。また改めてご連絡してもいいでしょうか……」

メガネ「僕の子供と会うのは、イヤですか?」

アサミ「もうちょっと時間をください……」

母親という言葉に戸惑っていたけれど、そのことを伝えられないまま、その日の電話は終わりにした。

結婚や婚活に対する、決定的な違い


けれど、気づいてしまったのだ。私とメガネさんとの間にある、決定的な恋愛観・結婚観の違いに。

2人の関係を深めてお付き合いを始めてから、お子さんと会うか考えたい、私。

お付き合いが始まっていない今の段階から、子供を含めた4人の関係を築いていきたい、メガネさん。

決定的な違いはそれだけじゃない。婚活で探している相手も違った。

これから先の人生を過ごす「パートナー」を求めている、私。

「子供の母親」にもなってくれる女性を求めている、メガネさん。

子供がいるシングルファーザーの男性がどうしてもイヤというわけではないけれど、2人での関係性がちゃんと深まっていない段階で、「子供の母親」みたいなことを言われても……。

あれから3日後に


前回の電話の時点で、実はもう答えは出ていた。だけど、少しだけクールダウンさせたかった。あまり感情的に伝えたくなかったから……。3日ほど時間をおいて、私はメガネさんに電話をした。

アサミ「いま、お電話大丈夫でしょうか」

メガネ「はい、大丈夫です」

アサミ「すみません。お待たせして」

メガネ「いえ。僕のほうこそ、すみません」

アサミ「お子さん含めてお会いする件なんですけど」

メガネ「はい」

シングルファーザーだとわかってからのべ10日間考えた、私なりの結論を伝え始めた。


いよいよ核心を伝えるとき


アサミ「ごめんなさい。やっぱり私、メガネさんのお子さんとは会えないです」

メガネ「そう、ですよね」

アサミ「これから先の人生を考えて……やっぱり違うんじゃないかって」

メガネ「はい。きっとそうだろうと思ってました」

アサミ「ごめんなさい」

メガネ「アサミさんが謝ることないです。そもそも僕が嘘ついてたことが悪いんですから」

アサミ「……」

落ち着いたトーンで話すメガネさん。お断りの言葉を伝えても、けっして声を荒げたりしない。ちゃんと話に耳を傾けてくれる。そういうところは、好感が持てる。

メガネさんを「違う」と思った理由


メガネ「急に子供と会ってほしいとか、僕がちょっと焦っちゃいましたよね」

アサミ「あの、子供がイヤなんじゃないんです」

メガネ「いや、子持ちの男と付き合うって、よく考えたら二の足を踏みますよ」

アサミ「そうじゃないんです。なんていうのか、お互いの結婚観とか、人生観の違いじゃないかと」

メガネ「そうですか……」

お互いの距離感の縮め方や関係性の深め方、婚活相手に求めているものが、たぶん違う。

アサミ「あと、今さらこんなこと言ったらなんですけど、やっぱりお子さんと住んでるかどうかは先に知りたかったです」

メガネ「そうですよね……やっぱり、プロフィールに嘘をついちゃいけませんよね」

アサミ「正直、ちょっとショックでした」

メガネ「すみません」

やっぱり、「子供と住んでいる/住んでいない」というライフスタイルに嘘をついていたことは許せなかった。メガネさんがついていたのは、小さな嘘ではなく、大きな嘘だったと思う。

さようなら、メガネさん


アサミ「メガネさん、素敵なかただから、きっとご縁のある人が見つかると思います」

メガネ「本当はアサミさんとご縁があってみたかったけど」

アサミ「すみません」

メガネ「謝らないでください。これからは僕、シングルファーザーを公言して婚活しますね」

アサミ「きっと素敵なご縁があると思います」

メガネ「アサミさんも、婚活がんばってください」

アサミ「ありがとうございます」

メガネさんとはそれ以来、いっさいの連絡を取らなくなった。連絡先も、気が付いたら削除されていた。

さようなら、同い年のメガネさん。素敵な人だったけれど。

婚活を始めて1年7カ月。40代独女の婚活は、またもやふりだしに戻ったのだった……。

【6人目の相手との婚活デートが終了。40代独女に次なる出会いはあるのか? 4月18日(水)17時の更新をお楽しみに】

【前回はコチラ】

外部リンク(OTONA SALONE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス