気持ち良くて病みつき。疲れた日は呼吸を深くしてリラックスできるポーズ

Woman Wellness Online

2018/4/11 15:49


疲れた一日はぐっすり眠りたい。けれど疲れているはずなのに、なかなか寝付けないときがあります。体が縮こまって、緩めていないかもしれません。

そこでヨガインストラクターである筆者が、するだけで気持ち良くて、深い呼吸ができるリラックスポーズをご紹介します。

■呼吸を深くするために、背骨と肋骨周りをストレッチ

体がリラックスしている時は、自然と呼吸も深くなっています。しかし疲れを感じているのに、体が休まらない、だるいと感じる時は体が縮んでいて緩まず、呼吸も浅くなっています。

そんな時は、背骨周りにストレッチを入れて、体を緩めましょう。特に肋骨と肋骨の間を広げるようなイメージでストレッチをすると、自然と呼吸が深くなり、心も体もホッとします。

■針糸通しのポーズで呼吸を深くする

(1)四つ這いの姿勢からスタートします。

出典: Woman Wellness Online

(2)左腕を、右腕の後ろから通し、右肩、頭(左耳を下にして)を床に下ろしましょう。


出典: Woman Wellness Online

(3)右手で床を押し付けながら、背骨を右方向へ捻り、右のあばら横をストレッチしている感覚を感じましょう呼吸を深くゆっくりしながら、気持ちのよいところでキープします。


出典: Woman Wellness Online

(4)両膝に均等に体重を乗せるように意識しながら、右腕を天井方向へ持ち上げ、さらに背骨を右方向へ捻りながら右腕を背中の後ろへ倒していきます。

(5)10呼吸程度キープします。

(6)終えたら四つ這いの姿勢に戻って一息つき、反対側も同様に行います。

完成ポーズでキープしている時は、肋骨周りをストレッチしながら、吸う息のたびに肋骨と肋骨の間を広げる意識を持って行いましょう。終えた後は、かるい脱力感とともに、体がリラックスしているのを感じられるはず。疲れたと思った一日の終わりに試してみてくださいね。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス