出川哲朗、インスタ女子に苦言 「『いいね』の前に『いただきます』」に共感

しらべぇ

2018/4/11 16:00


(©ニュースサイトしらべぇ)

若い女性たちを中心に、人々が「インスタ映え」する食べ物やスポットの写真を撮影することに、躍起になっている昨今。

10日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した、お笑いタレントの出川哲朗(54)が、そんな「インスタ女子」たちの飲食店での行動に苦言を呈し、視聴者から多くの共感声があがっている。

■「いいね」の前に「いただきます」でしょう!


出川は、「若者・オジサンオバサンへの苦情」というトークテーマにおいて、レストランで見かける若い女性たちの行動について言及。

料理を「食べる」ことよりも「Instagramにアップする」ことに夢中になっている彼女たちに疑問を抱いており…

「ちょっと地味な料理が出てくると『インスタ映えしない!』『もうサイアク』『いいねもらえない!』とか……ご飯を食べに来たんだろう! と」

と、怒りを露わに。司会の明石家さんま(62)は、出川に共感しつつも「俺はもう慣れたわ」とコメント。しかし、料理を作ってくれた人に対して失礼極まりない彼女たちの言動に、出川は…

「(料理を)持ってきてくれたら、僕たちはまず『いただきます』でしょ!」

と、「食べ物に感謝して、いただく」という根本的な食事のマナーについて一喝した。

■「いいね」はコックさんに伝えてほしい


続いて、出川は「『いいね』をたくさんもらっても何ももらえないのに、なぜそんなに夢中になるのか」という素朴な疑問を打ち明ける。

この心理について、モデルのみちょぱ(19)と石川千裕(19)は「自己満足だから」とコメント。

さらにみちょぱは、「いいねをいっぱいもらうと、より色々な人に見てもらえるチャンスが広がる」ことを説明し、人気がでてくるとお店側から宣伝のためのオファーが来る場合もあると、SNSの宣伝効果について力説。

しかし、出川は「それはズルいよ、もっとハートで勝負しないと」と苦言。さらに…

「(いいねは)コックさんに言ってほしいくらい。『今日はいいねです~』って」

とコメント。出川の筋が通ったユニークな提案に、スタジオは笑いに包まれた。

■視聴者からも共感と称賛の声


出川の「インスタ女子のマナーに対する苦言」は、視聴者からも多くの共感を得ている。









「いいね」が欲しいあまり、何か大切なことを見失ってしまっている…そう感じている人は、決して少なくないようだ。「料理の写真を撮る」ことは悪いことではないが、最低限のマナーは心掛けたい。

■「飲食店で料理の写真を撮る人」は不快?


しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,365名を対象に「飲食店で料理の写真を撮る人を不快に思うか」について調査を行ったところ、全体で約3割の人が「はい」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

料理やシチュエーションによっては、出来たての1番おいしいタイミングを逃してしまう…なんてこともありそうだ。

ユーザーのマナーが問題視されてる、Instagramブーム。人や食べ物に対しての感謝の気持ちや最低限のマナーを守ったうえで楽しみたい。

・合わせて読みたい→『イッテQ』デヴィ夫人・出川哲朗の珍道中 「仲良すぎ!」と大反響

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ