最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

坂口健太郎主演『シグナル』 映画のような美しい映像表現に反響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(画像提供:(C)関西テレビ『シグナル 長期未解決事件捜査班』

10日、坂口健太郎主演ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(関西テレビ系)の放送がスタートした。

この記事では見逃してしまった人のために、第一話のストーリーを細かく説明しつつ、見どころを深掘りレビューしていこう。

■15年前の事件を目撃


(画像提供:(C)関西テレビ『シグナル 長期未解決事件捜査班』

主人公の三枝健人(坂口)は小学1年生だった15年前、雨の日に誘拐事件を目撃する。しかし、警察は別の男を犯人と断定し、犯人は女だと訴える健人の話を聞かない。

(画像提供:(C)関西テレビ『シグナル 長期未解決事件捜査班』

数日後、女子児童は遺体で発見。中本慎之助(渡部篤郎)や岩田一夫(甲本雅裕)らが捜査を続けるが、手がかりは得られず事件は未解決のまま。

誘拐当日、健人は女子児童に傘を貸さなかった(一緒に入るように誘わなかった)のだが、これが原因で心に傷を負うことになる

(画像提供:(C)関西テレビ『シグナル 長期未解決事件捜査班』

そして事件から15年後、三枝は警察官になっていた。明晰な頭脳と高度なプロファイリング能力を持つ一方で、警察という組織を信用していない、一匹狼に近いタイプだ。

■過去と繋がる無線機が事件の真相に光


(画像提供:(C)関西テレビ『シグナル 長期未解決事件捜査班』

そんなある日、健人は警察署を出たところで廃棄処分されるはずの無線機を発見。それには電池が入っていないにも関わらず、大山(北村一輝)という刑事が自分のことを呼びかけていた。しかも、巡査の健人をなぜか「警部補」と呼び…。

じつは大山は15年前に事件を担当していた刑事のひとりなのだが、現時点での健人にはわからない状況。健人がその情報をもとに現在は廃墟となっている谷原記念病院を訪れると、白骨化した遺体を発見。それは誘拐事件の犯人とされていた人物だったことがわかる。

(画像提供:(C)関西テレビ『シグナル 長期未解決事件捜査班』

時効成立前日、中本は被疑者が自殺していたと発表するが、健人が会見直後に乱入して、真犯人は別におり、また証拠は掴んでいると発言。それを機に捜査は一気に進み、先輩刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)や山田勉(木村祐一)と捜査を進めていく。

■犯人の罠にかかるものの…


情報提供をもとに捜査を進める健人たち。そんな中、かつて谷原記念病院に勤務しており、北海道に旅行していた女性を任意の事情聴取に応じさせることに成功するが、真犯人はその同僚で情報提供元である看護師・吉本圭子(長谷川京子)だった。

彼女が自己顕示欲の高い性格であることから、報道陣が多く押しかけている警察署の近くにいて、自分たちが慌てふためいている様子を見ていると推測する健人。しかし、マスコミに囲まれて身動きができず…。

群衆の中にいた吉本が車で離れようとしたそのとき、桜井が身を呈して止めることに成功するのだった。

■映画のような美しい映像表現


本作はもともと韓国で2016年に放送され、大人気を博した同名ドラマのリメイク版。ゆえに登場人物の名前などは日本に置き換えられているわけだが、映像表現という観点では原作の雰囲気を意図的に汲み取っていたよう。

(画像提供:(C)関西テレビ『シグナル 長期未解決事件捜査班』

映画のような比較的暗い画の中、進んでいく物語。廃病院のリアリティはかなりのもので、また効果音も不気味さに溢れており、リアルタイムで鑑賞していると正直少し怖い部分もあるほどだ。

しかし、そこに差し込む光や、後ろに見える霧のような靄のような光はとても美しく、どこか幻想的にも思えるほど。決して軽くはない物語の中で、視聴者の感情を効果的に揺さぶってくる。

実際、ネット上でも…







と、映像面に関する評価は高い。

■「主題歌目当てだったのに…」 BTSファンが反応


韓国発の作品という繋がりからか、本作では人気グループ「BTS(防弾少年団)」が主題歌を担当することに。彼らにとって、日本のドラマでは初となる主題歌ということもあり、それ目当てで鑑賞したファンも多かった様子だ。

しかし、実際に本編を観た後では…







と、想像以上にそのクオリティに引き込まれてしまったよう。

■次週は長谷川京子との対決


時効成立を間近に控えた中、次週は真犯人の吉本との対決が描かれる模様。証拠を掴んでいるとマスコミ向けに嘘を流した健人だったが、実際のところは確たる証拠は得られていない。

そんな状況で、どんな風に物語は進んでいくのか。第2話にして、早速目が離せない展開になっている。

・合わせて読みたい→『コンフィデンスマンJP』長澤まさみの振り切り演技に冒頭でハマる人続出

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス