DJ KOO、女子校育ちの娘の大学進学で「男子と一緒…」取り越し苦労の連続

ミュージシャンでTRFのリーダー・DJ KOOが、4月から大学生になったひとり娘の新生活の様子をInstagramで報告している。中高と女子校に通わせていた娘が共学の大学に進学したことで、取り越し苦労が絶えないようだ。

娘の運動会や体育祭は幼稚園から欠かさず応援に行っていたというDJ KOO。中高は私学の女子校に通わせていたが、この春本人が希望した大学に進学することができたと大喜びだった。しかし8日の『dj koo dj_koo1019 Instagram』には、翌日から一泊の予定で山梨へ新入生研修に出かける娘に対して「バスの隣の席が出席番号順で男子になるそうで、、なにーーーー!!! それは、、どうなのよ!!」との父親としての心の叫びを記していた。

DJ KOOは居ても立ってもいられなかったのか、10日には帰宅する娘を駅まで迎えに行ったという。Instagramには娘と会えたことから、彼の嬉しそうな表情の写真がある。娘が新しい友達と楽しく過ごすことができたことを喜ぶ一方で、「バーベキューは男子とも一緒だったそうだ、、、、、」と複雑な感情も吐露している。

フォロワーも「本当に最高のパパすぎるよkooさぁん」「パパとしては、安心と複雑な気持ちが入り交じってますね(笑)」「kooさんって本当にいいお父さんですよね… 自分の父も見習って欲しいですw」と、娘を思う男親の切なさを感じているようだ。

画像は『dj koo 2018年4月10日付Instagram「娘の大学新入生特別研修、一泊で山梨へ、帰りの連絡があったので!!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ