最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

マツコ、相撲界の"女人禁制"騒動に言及「関係者以外もう土俵下ですればいい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

4月9日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で月曜コメンテーターのマツコ・デラックスが、大相撲の「女人禁制」というしきたりを巡る問題に言及し、関係者以外「もう全員土俵下ですればいい」と提案した。

マツコ、春日野巡業部長の証言に失笑


番組では、京都府舞鶴市で大相撲の春巡業中、土俵で舞鶴市長が倒れた際、救助にあたった女性に土俵から降りるよう場内アナウンスした問題、さらに宝塚市の巡業でも女性市長が土俵下で挨拶を余儀なくされた問題を取り上げた。

MCのふかわりょうに意見を求められたマツコは「どこまでの人が本当に(大相撲を)神事として理解して携わってるのかな?っていうのは前から疑問に思ってた」と言い、横綱やその付き人、または親方などは相撲界からの長年の教育により仕込まれているだろうが、今回アナウンスをしてしまった人に関しては、相撲に携わったキャリアが分からないとしながらも、その人が「そこは神の場所なんだ!女人禁制の場所なんだ!下りてもらわなきゃいけないんだ!」と心の底から思っているなら「それを信じて好きでやってるんだから仕方ない」とマツコ。しかし、マニュアルとしての対応なら「それを神事って言ってしまっていいんだろうか?」と疑問を投げかけた。

さらにマツコは「せめてそれをジャッジする人は常に神経を細やかにしていなきゃいけないと思うんだけど、(春日野)巡業部長さんはトイレに行ってたって言って、本当はトイレ行ってなかったんだから」と失笑し「そうやって最後(女人禁制って)言うんだったら、もっと繊細にデリケートに対応しなきゃいけないんじゃないの?」と苦言を呈した。またこの件について関係者が問題視しているのであれば「今後、同じ事が起こった場合どうするかとかまで真剣に考えないと」とも助言。

続けて「巡業先で市長が挨拶とかしなきゃいけないんだったら、もう全員(土俵の)下ですればいいのにって思うんだよね」と提案したが、しきたりの多い大相撲の世界に言及しきれず最後は「分かんないです」と尻つぼみ状態となりスタジオを笑わせていた。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス