ドキドキ新生活…悩める男子が恋して「大人になる瞬間」を覗き見!

ananweb

2018/4/11 11:30


■ 『さよなら、僕のマンハッタン』主演カラム・ターナー!

【映画、ときどき私】 vol. 154

ロンドン出身で現在28歳のカラムは、2010年からモデルとしてキャリアをスタートさせ、リーボックやバーバリーといった有名ブランドで起用される活躍を見せていましたが、その後俳優に転向。2011年のスクリーンデビュー以降、徐々に才能を発揮し、本作の主演で脚光を浴びています。

さらに、今年11月に公開を控えている『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』では主人公を務めるエディ・レッドメインの兄役に抜擢されるなど、まさに注目必至の英国俳優です。

本作では、『(500)日のサマー』や『gifted/ギフテッド』で知られるマーク・ウェブ監督に「大人と少年の両面の存在感を持っていて完璧」といわしめるほどの好演をみせていますが、撮影を通じて得たことや好きな女性のタイプなどをご本人に聞いてみました。

今回カラムが演じた主人公のトーマスは、大学卒業を機に親もとを離れるものの、恋愛も仕事もうまくいかず悩める青年。

■ このキャラクターを演じるうえで、ご自分の経験を生かしたところはありましたか?

カラム
 そうだね、僕にもそういう部分はたくさんあったよ。というのも、僕も19歳から21歳くらいまでの間に反抗期のようなときがあったんだ。特に、母に対してだね。というのも、僕は母に似ているがゆえに、母のなかに自分を見いだしてしまっていて、「自分は別の人間になりたい!」という強い気持ちに駆られていたんだ。

劇中でトーマスは生まれ育ったアッパー・ウエストサイドから安アパートのあるロウアー・イーストサイドに移っているけど、実は僕も同じロンドン内で実家から一番遠いところにひとりで引っ越したことがあるんだよ。トーマスのような自己発見とは少し違うけれど、そのときにいろいろな経験を通して自分を見つけたというのはあったんじゃないかな。

本作で登場するキャラクターのなかでも注目は、人生のアドバイスをくれる隣人のW.F.ジェラルドという名の中年男性。

■ この出会いによってトーマスは変化していきますが、ご自身にもメンターのような存在はいますか?

カラム
 この作品で描かれているような隣人というほど偶然ではないけれども、実際に僕の人生でもW.F.に相当するような年長で尊敬できる人がいるよ。まずは僕の演技のコーチで、友人としても親しい関係なんだ。

あとは、ジョージというエジプト人のご近所さん。僕が子どものときからずっと知っていて、いまは70代になるんだけど、とても大事な人生の先輩なんだ。年長者の人も若い人と意見交換することで、お互いにいろいろなことを学べるからいいことだよね。最近では僕も自分より若い人にアドバイスを言う立場になったくらいなんだ。

■ 今回は豪華なベテラン俳優たちとの共演になりましたが、現場ではどのような印象を受けましたか?

カラム
 まずW.F.を演じたジェフ・ブリッジスは映画のアイコンでもあり、まさに尊敬すべき存在。そして、父親役のピアース・ブロスナンは『007』シリーズのなかでもベストのジェームズ・ボンドの1人だと僕は思っている人だし、母親役を演じてくれたシンシア・ニクソンもすべての中枢にいるような感じで現場をまとめてくれるような存在だったよ。

■ そんな彼らから俳優として学んだことがあれば教えてください。

カラム
 僕自身はドラマスクールで演技を学んだわけではなくて、すべて現場主義のタイプなんだけど、今回もまさに学び以外の何ものでもなかったと思っているよ。でも、この経験から何を得たかというのは、なかなか言葉ではうまく説明できないんだ。というのも、いまはそれがだんだんと体に染みついていって、落ち着いてくる過渡期のように感じているから。

でも、学んだなかでも一番大きなことをあえて挙げるとすれば、信頼感を持ってリラックスするということかな。つまり、緊張で神経がピリピリしてしまう部分をコントロールするということ。そして、そういう緊張感を否定的に考えるのではなくて、ポジティブなほうに持っていくということなんだ。

高ぶる神経とどううまく向き合っていくかということを学んだとは思うよ。だって、普通に考えたらパニックに陥るようなそうそうたるメンツに囲まれていたんだから(笑)。でも、みなさんがすごく愛情を持って僕に接してくれたから、落ち着いてできたんだとも思っているよ。

劇中でトーマスが惹かれるのは、キュートな魅力のミミと父親の愛人でセクシーなジョハンナという異なるタイプの女性2人。

■ ご自身はどんな女性が魅力的だと思いますか?

カラム
 まずは、自分のことをよくわかっている人。それから、地に足がついていて自分に正直な人にはすごく魅力を感じるよ。

■ ちなみに、もし自分だったらミミとジョハンナのどちらがタイプですか?

カラム
 自分の父親と付き合っている女性と付き合ってない女性のどちらかということだよね? それなら付き合ってない女性じゃないかな(笑)。まずそれを確認しないと、どっちかは選べないよ!

■ インタビューを終えてみて……。

今後は、スリラーでもコメディでもファンタジーでもアニメでも、とにかくいろいろな作品に挑戦したいというカラム。女性のタイプを聞いた際には、恥ずかしそうにはにかんでいたのが印象的でしたが、そんなシャイでまじめなカラムは、これからますます女子の人気が高まりそうです!

■ 青春時代の痛みと輝きを感じる!

世界中の人が憧れる街ニューヨークを舞台に描かれるのは、誰もが一度は経験する “大人になる瞬間”。とはいえ、それは何かをあきらめることではなく、いかにして自分自身と向き合いながら夢を追求していけるかということ。

日々の生活に退屈さを感じているのなら、この作品があなたの人生にも新たな輝きを与えてくれるはず。思わず胸がキュンとなるカラムの魅力とともにこの感動を味わってみては?

■ ストーリー

大学を卒業し、ひとり暮らしを始めるトーマス。想いを寄せる古書店員のミミとは、一夜を過ごしたものの友だち止まりのままだった。就職もせずに自分の居場所を探していた悩めるトーマスは、新しい隣人と出会い、人生相談をするようになる。

そんなある日、ミミとナイトクラブに出かけると父親がセクシーな女性とデートしているところを目撃してしまう。2人を別れさせようと愛人のジョハンナを尾行するトーマスだったが、いつしかジョハンナに心が動き始めてしまうのだった……。

■ ほろ苦い予告編はこちら!



■ 作品情報

『さよなら、僕のマンハッタン』4月14日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国順次公開配給:ロングライド(C) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

イギリスといえば、紳士的でスラリとしたイケメンの宝庫。映画やドラマでお気に入りの若手俳優を探している女子も多いと思いますが、今回は2018年ブレイク間違いなしの英国男子をご紹介します。それは……。

あなたにおすすめ