最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

付き合う前に見抜いて!隠れマザコン男子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ライターの大久保 舞です。マザコン男子といえば、いつでも母親と一緒にいたり、彼女や奥さんよりも母親の味方をしたり……といったイメージ像があります。

付き合う前だと「家族思いの人」程度で実害もないですが、いざ付き合うと「記念日なのにお母さんの用事優先なの!?」「お母さんに言われたからって、私にそれを要求するの?」のような違和感やいらだちが生まれることも。最今回は、筆者が知る“隠れマザコン男子”の話から、付き合う前にマザコン男子を見抜く方法をお伝えします。

■ハイスペックなのに、特定の彼女がいない男子
筆者が勤めていたあるバイト先に、大学生のOくんという男子がいました。Oくんはイケメン・スタイル抜群・高学歴・社交性アリと、いわゆる“ハイスペック男子”。

女性陣からもモテモテで、大学にはOくんのファンクラブまであったそうですが、Oくんには特定の彼女はいませんでした。遊んでいたり、理想が高かったりするから、特定の彼女がいないのかなと思っていましたが、実はこのOくん、“隠れマザコン男子”だったのです。

Oくんは、親しくなった間柄の男女には「おふくろがこんなメール送ってきてさ。マジで面白くない?」「最近○○っていう俳優が人気あるけど、あいつのことおふくろが好きでさ」と、聞く側にとっては正直どうでもいい“おふくろ話”をうれしそうに語る癖がありました。

ある日、Oくんのことを好きなバイト先の女子が、Oくんが免許を持っていないことを知り「Oくん、免許はとらないの?」とOくんに聞いたとき、Oくんのマザコン疑惑は決定的になりました。「おふくろはとれって言うんだけどさ~、俺はまだその時期じゃないと思うんだよね。いや、おふくろの言うことは正しいと思うんだよ?でもやっぱり、おふくろのことを心配させたくないっていうか……」と、延々“免許取得とおふくろ”に関して語ったのです。これにはOくんのことを好きだった女子も引いてしまって、Oくんのことを諦めたようでした。

■マザコン疑惑がある男子には、あることを聞いてみて
Oくんのように、やたらと自分の母親の話をしてくる男子には要注意です。

実害がないだけに「ハイスペックだし、それぐらいはいいか」とマザコンの部分には目をつぶって付き合ったら、彼女よりも母親のことを優先されるばかり、という交際になりかねません。

そうならないためにも、マザコン疑惑がある男子には、あえて「あなたのお母さんって、どんな人なの?」と聞いてみてください。

そこで目を輝かせ、何時間でも語れるという勢いで自分の母親の話をするようでしたら、マザコン男子である可能性が高いでしょう。なぜなら、普通の男子なら、自分の母親の話をしたところで女子が喜ばないことは分かるからです。そんな基本的なことさえ考えがおよばずに、とにかく母親の話をしたがるということは、母親の話をすることで、その男子自身が楽しいからで、目の前の女の子よりも、母親に意識が向いているから、ということでしょう。

■おわりに
最後に、あくまでも筆者の経験上ですが、マザコン男子は、自分の母親のことを「母親」ではなく「おふくろ」と言っている率が高い傾向にありました。マンガみたいに「ママ」なんて呼ばないんです。つまりそれだけ、意識していないとマザコン男子かどうかは見抜けず、「付き合ってみたらマザコンでつらい……」という状況になってしまうかも、ということ。その男子が母親のことをどう言っているか、どう扱っているか。注目してみるといいかもしれませんね。(大久保 舞/ライター)

(ハウコレ編集部)


外部リンク(ハウコレ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス