最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

隣の夫婦の家事分担 第1回 「日々の家事は私の諦めでまわってる」共働き妻のホンネ座談会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

共働きの夫婦にとって、トラブルの原因になりやすい「家事分担」。夫側、妻側双方に言い分はあるものの、お互いに忙しい日々の中で、じっくり本音でぶつかり合ったり話し合ったりするのは面倒……というのが正直なところではないでしょうか。

そこで今回は、家事や育児と両立しながら正社員として働く女性たちに集まってもらい、家事分担にまつわる夫への本音を語っていただきました。

Aさん(28歳)
夫と2歳の息子の3人家族。16時45分までの時短勤務でWEB編集の仕事に携わっている。夫は20~21時には帰宅し"家事はよくやってくれている"ものの、どれも中途半端に「未完了」で終わるのが不満。

Bさん(37歳)
夫と小学生・保育園児の娘の4人家族。17時までの時短勤務で働いているが、18時まで残業していることが多い。週6で飲み会があり、残業、休日出勤、趣味などでほとんど家にいない夫のことは「同居人」と呼んでいる。

Cさん(33歳)
夫と1歳の息子の3人家族。16時45分までの時短勤務で営業サポートの仕事をしており、現在管理職として活躍。平日夜、夫はほぼ毎日飲み会に出掛けており、残業せずに帰宅する日は2週間に一度ほど。家事は「けっこう1人でやっている」という認識があるが、ほめ上手の夫のおかげか夫婦仲は良好。

Dさん(28歳)
夫と2人暮らし。妊娠中で秋に出産予定。夫婦共にフルタイム勤務でお互い19時には帰宅していることが多い。子どもができてからの家事分担に不安を抱えている。

○夫がやらなくて当たり前になっている家事が多すぎる

――夫婦間の家事分担、現在の状況を教えてください

――生ゴミの処理などは、一番やってほしい部分ですよね

――そういった細々とした家事をやっていることをアピールしたり、やってほしいと頼んだりすることはないんですか?

――結果、どうなったんですか?

○「同居人」と割り切ったほうが楽

――ほぼ家に夫がいないというBさん。結婚当初から、家事はほぼお一人でされていたんですか?

――なんとか改善しようとはされなかったんですか?

――そんな中でも、夫が担当している家事・育児ってあるのでしょうか?

――そんな今の状態を表すのが「同居人」なんですね

○諦めていかないとつらくなっていく

――というのは?

○ほしいのは「理解」と「気遣い」

――家事分担に関して夫にはどんなことを望んでいますか?

夫婦の形はそれぞれ。夫の方が家事をしている、フェアに分担できているという家庭もあるかと思いますが、今回の座談会では「夫側が想像している以上に、たくさんの家事を担っていることを理解して感謝してほしい」「妻が大半の家事を担っていることを当たり前だと思わないでほしい」という女性たちの思いが垣間見えました。

また、妻と夫の家事スキル・家事認識の差が感じられる発言も。試行錯誤の結果、「夫に期待せず、自分でやった方が楽」「むしろ家事の量を減らしたり、家事をアウトソーシングしたりしたい」という気持ちに変化していったことも分かります。

一方、過去に行った共働き夫の家事・育児にまつわる座談会では、夫側から「妻の家事・育児に対する要求水準が高い」「家事分担をするのであれば、それぞれのやり方で進めさせてほしい」といった声や、「時短勤務の妻と家事分担をフェアにはできない」という意見などが寄せられています(※参照「共働きパパたちの覆面座談会 - 妻の言うことは"ごもっとも"なんだけど……」)。

もしかしたら、あなたのパートナーも同じような気持ちを抱いているかも!? 一度ご自身の家庭の家事分担状況を振り返ってみてはいかがでしょうか。

※会場協力: 海鮮バル ソルマール(地下鉄東西線竹橋駅直結・パレスサイドビル地下1階)

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス