ジェシー、“女装”松岡昌宏と『ミタゾノ』で初共演「大きくて迫力が…」

テレビドガッチ

2018/4/11 09:00

TOKIOの松岡昌宏扮する、女装した家政夫・三田園薫が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~ ※一部地域を除く)が、4月20日から1年半ぶりに復活。その第1話に、松岡の後輩でもあるSixTONES(ストーンズ)/ジャニーズJr.のジェシーがゲスト出演することがわかった。

ジェシーが演じるのは、三田園と五味麻琴(剛力彩芽)が派遣された町工場で働く葛西雅樹という若者。社長を支え、熱心に働く一方で、実はある秘密を抱えているという一筋縄ではいかない役どころだ。演じたジェシー自身も「葛西は僕の素に近いような役ではありますが、最後のどんでん返しでの変化にも注目してください」とアピール。ドラマの仕事は久々ではあるものの、現場では和気あいあいと撮影を楽しんでいたようだ。

今作で先輩・松岡と待望の初共演を果たしたジェシー。もちろん、三田園姿の松岡を目の当たりにするのも初めてで、「生で見たら、大きいし迫力がありました!」とびっくりしつつ、「お綺麗でした」と絶賛。これまでプライベートでの交流はなかったそうだが、「これを機にご飯とか連れて行ってもらえたら嬉しいです!」とニッコリし、「1話のストーリーの中には何度もどんでん返しや裏切りなどがあり、それを三田園さんがぶち壊しながら話が展開していきます。真面目な中にも面白さがあり、視聴者のみなさんには存分に楽しんでいただけるのではないかと思います。僕も台本をいただいて読んだとき、とても面白かったので、映像で観るのが楽しみです!」と語っている。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス