最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

しつこいナンパ撃退に「とりあえずLINE交換」が有効な理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HKT48の指原莉乃と、ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がMCを務める『 指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙 』#48(毎週火曜よる9時~)が4月10日、AbemaTV(アベマTV)にて放送され、しつこいナンパを上手に断る方法が紹介された。

 ゆがんだ恋愛観を持つ10人のサイテー男たちが、恋愛にまつわるトークを展開する同番組。サイテー男との遭遇率が高い、東京の危険なスポットを学ぶコーナー「東京アブネースポット」の中で、パリピ芸人・タッツィーネは、渋谷センター街におけるナンパを断るには「とりあえずLINEを交換し即ブロック」がおすすめだと話した。

 定番のナンパスポットとして知られる渋谷センター街。タッツィーネによると、ここにはワンチャンを狙い、ナンパを楽しむ人々が集まる傾向にあるという。奇をてらったナンパも見受けられ、なかにはトランプを持ちながら「お姉さん今から七並べしない?」と声をかけるナンパ師もいるのだとか。そんな彼らは、LINE交換さえすれば満足してしまうケースが多いとのこと。お互いが嫌な気分になることなくナンパを断るには、この方法が最適だそうだ。

渋谷センター街とはまた異なるタイプのサイテー男が集まるのが、六本木のクラブだ。六本木のクラブは女性が無料で入れる場所も多いが、VIPルームに通され、金持ちの男性の相手をしなければならない場合もあるという。

このVIPルーム内で行われるナンパに関しては、相手がお金を持っているため「上手く使えばいい」とタッツィーネ。ある程度男性たちの遊びに付き合った上で、頃合いを見て帰るのがおすすめだそうだ。

 そのためには、一緒に行った女友達と明確に役割分担して、連携プレーを行うのが重要とのこと。例えば、帰らなくてはいけないことを伝える場合、Aは「帰ることを言う人」、Bは「理由の人」と役割を分け、「Bが明日早いから帰らないといけない」とAが伝えることで、帰りやすくなるという。1番お金を持っている人に伝えるのもポイントだ。そのほかの男性から引き止められた場合も、間に入ってくれる可能性があるためだ。

また、渋谷や六本木のほかに、“リトル渋谷”と呼ばれる町田や、飲み屋街のある恵比寿も、意外と危険度の高い地域とのこと。この春上京した女性は、参考にしてみてはいかがだろうか。

(C)AbemaTV

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス