最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“高いから必要ない“のか? 自動車の「車両保険」賢い入り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 自動車保険には、自分の車の損害を補償する「車両保険」がある。必要に応じて加入でき、保険金も一定の範囲で設定できるが、その分保険料が高くなるため、加入すべきか悩む人も多いだろう。今回は、一般的な車両保険の補償範囲と選び方のポイントについて解説する。

【車両保険】エコノミータイプの特徴は? 契約前に知るべき注意点も解説

■車の価値が高いほど加入する人が多い

車両保険は、車が事故で壊れた場合に修理費をカバーできるほか、盗難や自然災害に遭った場合も補償してくれる。加入していれば心強いが、その分、保険料を負担しなければならない。車の価値が高いほど保険金の設定額は上がり、それなりに保険料も高くなってしまう。ただし、入るか入らないかは契約者が決められるので、支払う保険料と補償範囲、保険金額とのバランスを考慮することが大事だ。一般的に、新車や輸入車など車価が高い車は車両保険に加入する人が多く、初度登録から10年以上経過している車や、車両保険を掛けられても保険金は20万円が限度といった車は入らない人が多い。

■補償範囲が異なる複数のタイプから選べる

保険会社によって名称や補償範囲が異なるものの、車両保険には代表的なもので「一般タイプ」と「車対車+Aタイプ」の2タイプがある。

「一般タイプ」
 標準的な車両保険であり、補償対象となる事故の範囲が広い。新車や年式が新しい車の場合、第一候補となる。補償範囲は次の通りになる。

・車同士の事故
・当て逃げ
・単独事故
・盗難
・火災、爆発
・自然災害(台風、洪水など)
・飛来中・落下中の他物との衝突(飛び石など)

「車対車+Aタイプ」
 一般タイプよりも補償の範囲が狭い。

・車同士の事故(相手が特定できる事故)
・盗難
・火災、爆発
・自然災害(台風、洪水など)
・飛来中・落下中の他物との衝突(飛び石など)

補償範囲を比べると、「一般タイプ」は大抵のケースで車両保険を使うことができる。これに対して「車対車+Aタイプ」は相手が特定できる事故と盗難、自然災害に使える。

さらに、補償範囲の狭い「エコノミータイプ」もあり、こちらは盗難や自然災害は補償されず車同士の事故に限定される。ほかにも、盗難を補償しない特約を付けた車両保険もあるので、契約時に確認しておこう。

■使用年数に合わせプランを変更する方法も

どのプランを選ぶかについてだが、たとえば財布に余裕があれば「一般タイプ」、少しでも予算を抑えるなら「車対車+Aタイプ」といった選び方もあるだろう。ただし、後者の場合は単独事故では補償されないので注意が必要だ。

年数に応じてプランを変えていく方法もある。たとえば、新車時から5年目までは「一般タイプ」に加入、それ以降は「車対車+Aタイプ」や「エコノミータイプ」に変更、8年目以降は車両保険そのものを検討するといったやり方だ。いずれにせよ、必要に応じてコストを軽減していくのが賢い方法といえるだろう。

加入しておくと安心な車両保険だが、保険料との兼ね合いも気になるところ。バランスを考慮し、自分に合った車両保険を選択できるようにしよう。

(文/西村有樹)
フリーライター。保険や資産運用などマネー系に強く、「All About」で自動車保険ガイド記事のほか、銀行や保険会社、証券会社などの刊行物、国交省、財務省等官公庁の媒体など幅広く執筆。ほかにも雑誌「プレジデント」「ベストカー」などでも多数の記事を担当する。

(校閲/株式会社ぷれす)

外部リンク(オリコン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス