最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ケリー・フォン・エリック 運命にほんろうされた“鉄の爪”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第57話>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


数奇な運命をたどったスーパースターだった。

ケリー・フォン・エリックは、ほんの少年時代からケリー・アドキッセンではなく“ケリー・フォン・エリック”としてのアイデンティティーを義務づけられていた。

父親は地元ダラスでは“世界でいちばん有名なプロレスラー”でレスリング・カンパニーのオーナー、フリッツ・フォン・エリック。

“鉄の爪”エリックの息子たちは、まだプロレスラーとしてデビューするまえからダラスのセレブリティーだった。

ふたりの兄、ケビンとデビッドはケリーよりもひと足先に偉大なる父のあとを継いだが、ハイスクール時代から非凡なアスリートだったケリーは、陸上競技の奨学金をもらいヒューストン大学に進学。

しかし、大学は1年で中退し、ケビンよりも2年、デビッドよりも1年遅れてデビューすることになる。

エリック兄弟のトレードマークは、もちろん父親譲りのアイアン・クロー。このときすでにケリーはボディービルダーのような体つきをしていた。

デビュー当時から「スター性ではケリーがいちばん」というのが専門家の一致した意見だった。

すぐ上の兄デビッドの突然の死(1984年=昭和59年2月10日)がケリーの運命のエンジンをフル回転させていった。

デビッドの死から3カ月後、“デビッド・メモリアル・パレード・オブ・チャンピオンズ”と銘打ったスーパーイベントがテキサス・スタジアムで開催され、その主役には24歳のケリーが抜てきされた。

3万2123人の大観衆が見守るなかで、ケリーはリック・フレアーを下しNWA世界ヘビー級王座を獲得した(1984年5月6日)。

それから2年後の1986年6月4日、ケリーはテキサス州アーギルのハイウェイ373号線をバイクで走行中にパトカーと接触事故を起こし、右足、右足首、でん部の複雑骨折、内臓破裂の重傷を負う。

父エリックはこの年の2月にNWAを脱退し、ダラスに新団体WCCW(ワールドクラス・チャンピオンシップ・レスリング)を正式に設立したばかりで、“家業”のために復帰を急いだケリーは同年11月に松葉づえをついたままリングに上がったが、再び足首を骨折してしまう。再起不能説がささやかれた。

それから1年後、ケリーはなにごともなかったかのようにしっかりとした足どりで奇跡的なカムバックを果たした。

この時点から、ケリーはドレッシングルームのなかでも、シャワーを浴びるときも絶対にリングシューズを脱がなくなった。

ケリーの右脚は足首から下が切断されている、という奇怪なウワサが流れた。

1988年7月、ラスベガスでおこなわれたAWAのTVマッチで、カーネル・ディビアースと対戦したケリーの右足のリングシューズが試合中にスポッと抜けた。

ケリーはすぐに場外にエスケープし、右足全体をエプロン下のカバーのなかに入れてリングシューズを直し、そのまま試合をつづけた。ウワサはどうやらほんとうだった。

問題の右足首切断の手術がおこなわれたのが1986年11月以降だとすると、ケリーは“魔法のブーツ”をはいて2度、新日本プロレスのリングに上がっていたことになる。

1988年(昭和63年)11月の来日では藤波辰爾、前田日明らとシングルマッチをおこない、ドロップキックやロープワークをごくふつうにこなしていた。

この前年の1987年4月12日、ケリーのすぐ下の弟でファミリーの四男マイクが薬物自殺。それから4年後にはデビューしたばかりの末っ子クリスもピストル自殺をとげた(1991年9月12日)。

ケリー自身は1990年7月、WWEと契約。テキサス・トルネードの新リングネームを名乗り、同年8月、“サマースラム”の大舞台で“ミスター・パーフェクト”カート・ヘニングを下しインターコンチネンタル王座を獲得した(1990年8月27日=ペンシルベニア州フィラデルフィア)。

WWE退団後の1993年2月、ケリーはコカインの不法所持で逮捕・起訴され、すでにほかの薬物不法所持で執行猶予中だったため、裁判では実刑判決が下った。

ケリーはこの裁判の判決後、数日間のあいだに親しい友人、知人の家を訪ねて歩き、理由もなく「アイ・ラブ・ユー」と告げていったという。

その日、父エリックの牧場を訪ねたケリーは「考えごとをしてくる」とだけいい残し、父親のジープを借りて深い森のなかへ消えていった。

エリックが無人のジープを発見したのはそれから約1時間後。ケリーが兄弟たちのもとへと旅立ったあとだった。

●PROFILE:ケリー・フォン・エリックKerry Von Erich

1960年2月3日、テキサス州ダラス出身。本名ケリー・アドキッセン。1978年、大学を1年で中退し、18歳でデビュー。WCWA世界ヘビー級王座を通算4回保持。WWEではカート・ヘニングを下しインターコンチネンタル王座を獲得。1993年2月18日、ピストル自殺。33歳だった。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス