2017年度の新車市場で「軽自動車」が9年ぶりに販売台数首位を獲得!トップは「ホンダ・N-BOX」

clicccar

2018/4/11 07:03


日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が、2017年度(2017/4~2018/3)の車名別国内新車販売台数を発表しました。それによると、最も販売を伸ばしたのは軽自動車「ホンダ N‐BOX」の22.3万台で、2位の「トヨタ プリウス」(14.9万台)に対して7.4万台の差を付けて首位を獲得。

その他にも3位が「ダイハツ ムーヴ」(14.6万台)、4位が「日産 デイズ」(13.6万台)、5位が「ダイハツ タント」(13.5万台)と、軽自動車が上位を独占する結果となっています。

■2017年4月~2018年3月 乗用車販売(%:前年度比)

1位 トヨタ  プリウス 149,083 -33.8%
2位 日産  ノート   131,119   + 5.8%
3位 トヨタ  アクア    128,899 -17.1%
4位 トヨタ  C-HR     102,465    +135%
5位 ホンダ   フィット  99,734 + 0.8%

■2017年4月~2018年3月 軽自動車販売(%:前年度比)

1位 ホンダ N‐BOX  223,449  +16.2%
2位 ダイハツ ムーヴ  145,643  +26.5%
3位 日産 デイズ   136,505 +32.3%
4位 ダイハツ タント  134,660  – 9.5%
5位 スズキ ワゴンR  121,224 +45.7%

軽自動車が首位となったのは2008年度の「スズキ ワゴンR」以来9年ぶりのこと。その一方で、2015年12月にFMCした「トヨタプリウス」の新車効果が一巡したことや、FMCが近いとみられる「トヨタ アクア」(2011年12月~)の前年度割れが目立つ状況。

今回首位に躍り出た「ホンダ N‐BOX」は、軽自動車最大級の室内空間や、存在感のあるデザインが好評のようで、安全運転支援システムを標準装備するなどの全面改良により、販売の勢いが増しているようです。

(Avanti Yasunori)

【関連リンク】

日本自動車販売協会連合会
http://www.jada.or.jp/

全国軽自動車協会連合会
http://www.zenkeijikyo.or.jp/

あなたにおすすめ