最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

千眼美子こと清水富美加が「歌手デビュー」その評判は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

女優の千眼美子清水富美加)が歌手デビューを果たす。4月25日にデビューシングル『眠れぬ夜を超えて』がリリースされるが、4月2日からこの曲の先行配信がLINE MUSICで始まっている。この曲は千眼がヒロイン役で出演する5月12日公開の映画『さらば青春、されど青春。』の主題歌で、愛する人を一途に思う心情を切ない歌声で表現した曲だ。作詞作曲は映画の製作総指揮者でもある大川隆法が、サウンドプロデュースは水澤有一が手がけたという。

映画の共演には石橋保、芦川よしみ、野久保直樹、ビートきよし、大浦龍宇一らが名を連ね、製作総指揮と原案は大川隆法という陣容だ。すでに公式サイトも公開されており、映画の予告編はYouTubeへ投稿されている。



千眼はこのことについて、ツイッターへ喜びを表した投稿をしている。



千眼の返信には多くのお祝いや曲を褒めるメンションがついたが、掲示板では幸福の科学への出家騒動を思い起こさせる投稿が目立った。

《主演映画の主題歌ですか 映画総指揮に主題歌の作詞作曲も全て大川隆法とは凄いですね 芸能界に本格的に活動ですかね》
《カルト怖い》
《変なこと言うと消されそうだから言わない》
《宗教に入れ込むって怖いことだよな》


PR活動に力を入れているが…




千眼はLINE MUSICのランキングに入ったことをツイッターで報告し、映画のPRに力を入れている。幸福の科学系列の事務所に移籍してから目立った仕事がなかったが、これをきっかけにしたいだろうが、宗教色が強すぎると一般受けは難しいだろう。


外部リンク(まいじつ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス