最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【勉強】スイッチがオフになる!?ついやりがちな「子どものやる気をそぐ親の言動」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これから小学生に上がる子を持つママは、「勉強しなさい」と無理にお尻を叩いてやらせるよりも「自ら勉強できる子にしたい」と思っているのではないでしょうか。

でも、気づかず、子どものやる気をそぐ言動をしてしまっているかもしれません。

そこで今回は、幼児教育の専門家に「子どもを自ら勉強できる子にするためのポイント」を教えていただきました!

■中高生がやる気をそがれたNGワードとは?

普段、子どもに誤った声かけをしてしまっていることがあるかもしれません。

株式会社やる気スイッチグループホールディングスが個別指導塾に通う中高生100人に行った調査では、「勉強しなさい・早くやりなさい(53%)」「何をやってもできない・どうせできない(18%)」「勉強なんてしなくていい・遊んでていい(11%)」などの親の言葉でやる気をそがれたという中高生の本音が浮き彫りに。

「勉強しなさい・早くやりなさい」は一見、勉強を促しているように見えますが、実はNGワードだったようです。

では、どんな声かけでやる気が湧いたのでしょうか。この調査では次の結果になっていました。

■やる気スイッチがオンになった言葉ベスト3

第1位 がんばって・応援しているよ 37%

第2位 このままじゃ受からないよ・しなくていいの? 30%

第3位 部活のためにがんばりな 7%

第3位 無理しないでいいからね 7%

第3位 携帯解約するよ 7%

この調査結果だけを見ると、勉強は「強制」よりも「応援」「プレッシャー」のほうがやる気に響くようですね。

■子どもにはなぜ「勉強しなさい」はNGなの?

でも、子どもにはつい「勉強しなさい」と言ってしまいますよね。よくないとは分かっていても、そもそも、なぜよくないのか分からないことも。一般社団法人日本幼児さんすう協会代表理事で、幼児向けスクールを運営し、自らも指導する大迫ちあきさんは次のように話します。

大迫ちあきさん(以下、大迫)「子どもたちは自分自身でも『勉強しなくてはいけない』とわかっているのです。でも『勉強しなさい・早くやりなさい』と言われると『命令』されていると感じます。これでやる気が出る子どもは多くありません。もともと人は『強制』を嫌うものだからです。

ママも『洗濯するのは義務でしょ』『早くご飯作ってよ』と言われるとやる気は出にくいですよね。こういうときは、親目線から子ども目線に少し視点を変えてみましょう。上からの指示ではなく『どうしたらできるか一緒に考えよう』と子どもに寄り添ってサポートをしてあげるといいですよ」

■子どもをやる気にさせる3つのポイント

これから我が子が小学生に上がり、中学・高校受験と進んでいく中、「自分から勉強を進んでやる子に育てたい」と思っているママに向けて、大迫さんに子どもをやる気にさせるポイントを教えていただきました。

■1.結果ではなく過程・努力を絶対評価でほめる

大迫「成功体験をさせてほめるのは大切ですが、そのほめ方が大事です。ほめるときは、結果ではなく過程・努力をほめます。次に、ほめるハードルを下げましょう。次のように絶対評価でほめます」

例)

「ここはよくできてるよ」

「最後までよく頑張ったね」

「この前よりできるようになったね」

■2.ポジティブな言葉にする

大迫「また、注意するときも含めて、ポジティブな言葉にしましょう」

例)

「これをやらないと公園に行かない」ではなく、「これをやったら公園に行こうね」「こうするともっとよくなるかも」とポジティブに声掛けする。

■3.知らないこと・考えることの楽しさを感じさせる

大迫「全部教えてあげるのではなく、うまく質問形にして、『知らないことを知る面白さ』『考えることの楽しさ』を感じさせてあげてください」

例)

「どうしてだと思う?」

「どっちがいいかな?」

「どうしようか?」

■子どもにやる気を起こさせるためのママの気持ちの持ち方

これらの子どもにやる気を起こさせる働きかけを行うときの、ママ自身の気持ちの持ち方を大迫さんにアドバイスいただきました。

大迫「未就学児の学びは、まず『具体的な体験』『身体や手を使って試行錯誤する』ことが何より大切です。そして、勉強を特別なものと考えるのではなく、日常生活の遊びの中で学ぶことにより、『楽しいから知りたい』『面白いからもっとやりたい』という『~~たい(Want)』の気持ちを育ててあげてください。この気持ちこそ子どもが将来伸びていく原動力になります。

そして、失敗してもいいんだよ、間違っても問題ないよ、ということもぜひ、教えてあげてください。忙しいと思いますが、少しでも親子で一緒に、楽しい学びの時間を過ごしていただければと思います」

子ども自らの「もっとやりたい!」を育むためには、ちょっとしたコツが必要になりそうです。ぜひ親子一緒に楽しみながら日常的な学びを実践しましょう。

【取材協力】大迫 ちあきさん

一般社団法人日本幼児さんすう協会代表理事

(株)幼児さんすう総合研究所代表取締役

東京・恵比寿で、「幼児さんすうスクールSPICA(R)」を運営。また、幼児さんすう指導者養成スクールも開講。二人の男子の母。著書に『算数ができる子の親がしていること』(PHP文庫)、『折り紙大百科』(世界文化社)他。


外部リンク(ウレぴあ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス