最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

スピッツ、15年ぶりにあの曲をライブ披露!「存在を忘れていた曲をやってみようかな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4月9日に、TOKYO FMをはじめとするJFN(全国FM放送協議会)38局が「ROCK THE FOREST」をテーマに掲げたプレミアムライブ「TOKYO FM&JFN present EARTH×HEART LIVE 2018」が、東京・Zepp DiverCityで開催され、SUNNY CAR WASH、sumika、スピッツが出演した。

オープニングアクトは、未確認フェスティバル2017で審査員特別賞を受賞したSUNNY CAR WASHが登場。

勢いのある歌声と演奏で「それだけ」、「ラブソング」などを披露し、観客を沸かせる。

また、メインアクトでは今一際注目を集めるバンド・sumikaが登場。ボーカル・ギターを務める片岡健太が「本日は『EARH×HEART LIVE』ということで、昨日の夜一睡もできませんでした!」 と笑いを誘いながら「Lovers」や「MASIC」を熱唱。勢いのあるパフォーマンスで会場を盛り上げた。

そして最後に登場したのは、昨年結成30周年を迎えたスピッツ。1曲目はいまの季節にぴったりの「春の歌」。2曲目には軽快なドラムのリズムの始まりとともに「醒めない」を演奏。

さらに、「8823」「初恋クレイジー」と続けて披露するも、草野マサムネは「ハーモニカがいまいちでした。でもラジオで放送されるときには綺麗に修正されているかと思います」とはにかみながらコメントする一幕も。

続けて「ロケット鉛筆って知ってますか? 後から芯を入れると古いやつがポロッと落ちるやつ。SUNNY CAR WASH、sumikaという新しい”芯”が入ってきて、スピッツがポロッと落ちるような、そんなことをさっき一瞬の眠りの中で感じでしまいました。それでも、古い芯でもちゃんと書けるんだぞってことを今日は見せたいと思います。」と意気込み、名曲「チェリー」や「愛のことば」、「ウサギのバイク」でより一層観客を魅了した。

また、草野独自のエコトークも。「森に生かされてるんだよね。人間も自然の一部だってことを思わないと。皆もゴミの分別はちゃんとやろうね。あと、冬にお皿洗う時にお湯使うでしょ。あれが温かくなるまでの水がもったいないよね。あれをどうしようかいまずっと考えてます」と謎のコメントで笑いを誘った。

自身のTOKYO FMの番組についても「これからよぼよぼになっても、自分たちの好きな音楽を伝えていけるように、これからも続けていければなと思ってます。皆さん良かったら聞いてくださいね」とちゃっかり宣伝。

アンコールでは、「15年ぐらいやってない、存在を忘れていた曲をやってみようかな」とアルバム「フェイクファー」収録の一曲「仲良し」を披露し、観客からは驚きの声が。

しかし草野は「15年ぶりって言ってましたけど、最近ネットではスピッツのメンバーより、スピッツに詳しいマニアの人が居て、もしかしたら15年ぶりじゃないかもしれません(笑)」と明かした。

ラストには「Na・de・Na・de ボーイ」を演奏し、会場の興奮冷めやらぬままライブの幕が閉じた。なお、この模様はTOKYO FMで、4月22日(日)夜7:00からオンエアされる。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/143263/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス