人気店に忍び込みラーメンスープに排泄物 隣の店主が「繁盛に嫉妬」(中国)

ベトナムや香港にも近い中国・海南省のとある飲食店で、このほど大変悪質な異物混入事件が起きた。不快な臭いで被害に気づいた店主は、犯人を突き止めるべく監視用のビデオカメラを設置して店を後にした。するとさっそく真っ暗な店の調理場に不正侵入してきた男がいた。映像が捉えていたのは…!?

とんだ異物混入事件が起きたのは、海南省の海口市にある中国の東北地方料理を特色とするラーメン店。ある時、牛肉でダシをとったはずのラーメンスープから異様な臭いが漂っていることに気づき、店主はその夜、店を去る前に監視用のビデオを設置しておいた。そして3月28日早朝、ビデオはその調理場に忍びこんだ1人の男の姿を捉えることに成功。なんと映っていたのは隣の飲食店の主人(氏名などは明らかにされず)で、手には小さな容器を手にしていた。

隣の店の主人はスープのフタを開けると容器に入れて持ってきた物質を入れ、さらにズボンのファスナーを下ろすと排尿。店にとっては営業妨害となるうえ、食べた人々の健康に害を与える行為である。あまりにも悪質だとして地元警察はすぐにその男を逮捕したが、取り調べに対しては「その店ばかりが繁盛して嫉妬を覚えた。容器に入れてきたのは自分の糞便」などと供述したという。

飲食店の主人としてのプライドがあるのなら姑息な手段を使ったり、他店の営業妨害を試みたりすることなく、正々堂々と味で勝負してもらいたいものである。

画像は『澎湃新闻/The Paper 2018年4月3日付「海口:男子向老乡餐馆食材内撒尿投大便」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あなたにおすすめ